インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  フランス絵画の精華 ─ 大様式の形成と変容

フランス絵画の精華 ─ 大様式の形成と変容

■「ヨーロッパ絵画の規範」を通覧
フランス美術といえば印象派やポスト印象派に注目が集まりますが、「ヨーロッパ絵画の規範」として君臨していたのは、それより前の時代です。17~19世紀、フランス絵画が最も偉大で華やかだった時代の作品を紹介する展覧会が、東京富士美術館で開催中です。
1983年に「近世フランス絵画展」で開館した、東京富士美術館。ルーヴル美術館の絵画部長だったルネ・ユイグ氏(故人)の協力で実現したこの展覧会以降、東京富士美術館は何度もフランス絵画をテーマにした展覧会を開催するとともに、フランス絵画の収集にも力を注いできました。

今回は、あらためてフランス絵画の魅力を紹介する展覧会。多くの美術館から名画を集めるとともに、東京富士美術館蔵の代表作も含めて、フランス美術の流れを俯瞰します。



イタリアとネーデルラントという、ふたつの美術大国の間に位置するフランス。イタリアからは歴史画の叙述性を、北方からは写実的な描写力を取り入れ、17世紀に飛躍的に発展しました。

近代国家フランスを築いたルイ14世は、1648年に王立絵画彫刻アカデミーを創設。ニコラ・プッサンを理想として、シャルル・ル・ブランを中心に教育が実践されていきした。

アカデミーの絵画理論として有名なのが、画題の序列。古典文学や聖書を主題にした歴史画が頂点にあり、生命の無い静物画は最も下位に位置付けられました。

ル・ブランに次ぐ世代になると、色彩を重視する美術観が優勢になっていきます。ロココ美術の登場です。

アントワーヌ・ヴァトーは、富裕層で流行していた屋外の集いを、演劇の要素を取り入れて表現した「雅宴画」で一斉を風靡。恋や憧れなど、繊細な感情も絵画に取り入れました。

18世紀末になると、女性画家の活躍も目立つようになります。展覧会メインビジュアルである《ポリニャック公爵夫人》も、女性画家のヴィジェ・ルブランによる作品。彼女はマリー・アントワネットのお気に入りでした。

官能的なロココ美術には次第に批判が強まり、かわって台頭したのが新古典主義。ダヴィッドやアングルが、19世紀美術の中心を進んでいきます。

19世紀のアカデミーを代表する画家がウィリアム・ブグローやアレクサンドル・カバネルです。筆使いを残さない、大理石のような肌の表現は、後の時代になると批判的に「ポンピエ」と呼ばれるようになります。

西洋絵画の保守本流、フランス美術300年の流れを一気に楽しめる展覧会。メインビジュアルを含め3作品は撮影も可能です。東京展の後に、九州と大阪に巡回、会場と会期はこちらです

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月3日 ]

フランス絵画史フランス絵画史

高階秀爾

講談社
¥ 1,463

 
会場東京富士美術館
開催期間2019年10月5日(土)~2020年1月19日(日)
所在地 東京都八王子市谷野町492-1
TEL : 042-691-4511
HP : http://www.fujibi.or.jp
展覧会詳細へ フランス絵画の精華 ─ 大様式の形成と変容 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社