インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  フランス絵画の精華 ─ 大様式の形成と変容

フランス絵画の精華 ─ 大様式の形成と変容

■「ヨーロッパ絵画の規範」を通覧
【会期は1/19まで】 フランス美術といえば印象派やポスト印象派に注目が集まりますが、「ヨーロッパ絵画の規範」として君臨していたのは、それより前の時代です。17~19世紀、フランス絵画が最も偉大で華やかだった時代の作品を紹介する展覧会が、東京富士美術館で開催中です。
1983年に「近世フランス絵画展」で開館した、東京富士美術館。ルーヴル美術館の絵画部長だったルネ・ユイグ氏(故人)の協力で実現したこの展覧会以降、東京富士美術館は何度もフランス絵画をテーマにした展覧会を開催するとともに、フランス絵画の収集にも力を注いできました。

今回は、あらためてフランス絵画の魅力を紹介する展覧会。多くの美術館から名画を集めるとともに、東京富士美術館蔵の代表作も含めて、フランス美術の流れを俯瞰します。



イタリアとネーデルラントという、ふたつの美術大国の間に位置するフランス。イタリアからは歴史画の叙述性を、北方からは写実的な描写力を取り入れ、17世紀に飛躍的に発展しました。

近代国家フランスを築いたルイ14世は、1648年に王立絵画彫刻アカデミーを創設。ニコラ・プッサンを理想として、シャルル・ル・ブランを中心に教育が実践されていきした。

アカデミーの絵画理論として有名なのが、画題の序列。古典文学や聖書を主題にした歴史画が頂点にあり、生命の無い静物画は最も下位に位置付けられました。

ル・ブランに次ぐ世代になると、色彩を重視する美術観が優勢になっていきます。ロココ美術の登場です。

アントワーヌ・ヴァトーは、富裕層で流行していた屋外の集いを、演劇の要素を取り入れて表現した「雅宴画」で一斉を風靡。恋や憧れなど、繊細な感情も絵画に取り入れました。

18世紀末になると、女性画家の活躍も目立つようになります。展覧会メインビジュアルである《ポリニャック公爵夫人》も、女性画家のヴィジェ・ルブランによる作品。彼女はマリー・アントワネットのお気に入りでした。

官能的なロココ美術には次第に批判が強まり、かわって台頭したのが新古典主義。ダヴィッドやアングルが、19世紀美術の中心を進んでいきます。

19世紀のアカデミーを代表する画家がウィリアム・ブグローやアレクサンドル・カバネルです。筆使いを残さない、大理石のような肌の表現は、後の時代になると批判的に「ポンピエ」と呼ばれるようになります。

西洋絵画の保守本流、フランス美術300年の流れを一気に楽しめる展覧会。メインビジュアルを含め3作品は撮影も可能です。東京展の後に、九州と大阪に巡回、会場と会期はこちらです

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月3日 ]

フランス絵画史フランス絵画史

高階秀爾

講談社
¥ 1,463

 
会場東京富士美術館
開催期間2019年10月5日(土)~2020年1月19日(日)
所在地 東京都八王子市谷野町492-1
TEL : 042-691-4511
HP : http://www.fujibi.or.jp
展覧会詳細へ フランス絵画の精華 ─ 大様式の形成と変容 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社