インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ブダペスト ― ヨーロッパとハンガリーの美術400年

ブダペスト ― ヨーロッパとハンガリーの美術400年

■美しき「ハンガリーのモナ・リザ」
【会期終了】 【当面の間、臨時休館】日本とハンガリー(当時はオーストリア=ハンガリーニ重帝国)が外交関係を樹立してから、今年でちょうど150年。ブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーから、四半世紀ぶりに名品が来日しました。
中央ヨーロッパの内陸国、ハンガリー。首都ブダペストは「ドナウの真珠」と称えられる美しい都市です。ハンガリー・ナショナル・ギャラリーは西岸のブダに、ブダペスト国立西洋美術館は東岸のペストに位置します。

展覧会は大きく「ルネサンスから18世紀まで」「19世紀・20世紀初頭」の2部構成。さらにそれぞれが小章に分かれ、計15のコーナーで130点が展示されています。ここでは注目の作品を何点か、ご紹介しましょう。

《不釣り合いなカップル 老人と若い女》(1522年)は、ドイツ・ルネサンスを代表する画家、ルカス・クラーナハ(父)の作品。老いた男は若い女性を求め、女性は男の財布に手を伸ばす。どっちもどっち、と言ったところです。クラーナハ(父)は教訓的なこの画題を、数多く描いています。

ギリシャに生まれ、スペインで活躍したマニエリスムの巨匠、エル・グレコ。《聖小ヤコブ(男性の頭部の習作)》(1600年頃)はキリストの十二使徒を描いた12点組の連作(オビエド、アストゥリアス美術館)の習作です。細部の見事な描写から、以前は画家の自画像とみなされていたこともありました。



本展メインビジュアルが、シニェイ・メルシェ・パール《紫のドレスの婦人》(1874年)。モデルは、シニェイ・メルシェ(ハンガリー語の名前は姓・名の順です)の妻で、「ハンガリーのモナ・リザ」とも称される美しい作品です。

「野外で余暇を楽しむ、着飾った都会の男女」は、この時代を席巻した印象派の画家たちもしばしば描いていますが、シニェイ・メルシェはパリに行った事がありません。遠く離れた地で、同じような目線を持っていた事になります。

ヴァサリ・ヤーノシュは、ハンガリー世紀末美術の画家。《黄金時代》(1898年)は、額の装飾文様も画家によるデザインです。この作品は1898年にハンガリー国民美術協会の最高賞に。そして1900年のパリ万国博覧会では、銅メダルを受賞しました。

一番最後の展示室ですが、見逃せないのがクルト・シュヴィッタース《メルツ(ボルトニクのために)》(1922年)。制作中のコラージュから偶然読み取れたMerz(メルツ)を芸術活動のテーマにした作家です。メルツ絵画、メルツ建築、メルツ詩、雑誌『メルツ』の発行まで、一貫して「メルツ芸術」と称する前衛的な芸術活動を実践しました。

出展されている130点を選ぶにあたり、ハンガリー人になったつもりで見てもらえる作品をピックアップした、との事でした。巡回はせずに、国立新美術館だけでの開催です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年12月3日 ]

国立新美術館を遊びつくす 国立新美術館を遊びつくす

セブン&アイ出版 (著)

セブン&アイ出版
¥ 858

 
会場国立新美術館
開催期間2019年12月4日(水)~2020年3月29日(日)※会期延長
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://budapest.exhn.jp
展覧会詳細へ ブダペスト ― ヨーロッパとハンガリーの美術400年 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社