インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  50周年記念 タツノコプロテン

50周年記念 タツノコプロテン

■「COOL JAPAN」は半世紀前から
【会期終了】 「昆虫物語みなしごハッチ」「科学忍者隊ガッチャマン」「タイムボカンシリ-ズ」…「COOL JAPAN」という言葉が無かった時代に日本のアニメを牽引してきたのが、竜の子プロダクション(タツノコプロ)です。設立50周年を記念した展覧会が、松屋銀座で始まりました。
タツノコプロは竜夫、健二、豊治(九里一平)の吉田三兄弟が1962年に設立しました。当初は漫画の製作工房でしたが、1963年にアニメの企画を打診されたことをきっかけに、自社でアニメ制作を始めました。

記念すべき第一作は1965年に放映された「宇宙エース」。会場にはモノクロのオープニング画像や背景画などが展示されています。


「宇宙エース」

タツノコプロのヒーローの中でも印象深いのが「科学忍者隊ガッチャマン」。3シリーズで全205話が作られるヒット作となりました。子供向けのアニメながら、大人も充分楽しめる骨太なストーリーが特徴的でした。

会場では等身大の“大鷲の健”や、科学忍者隊のヘルメットなども展示。ちなみに1972年のキャラクター設定図は、湿式コピー紙(いわゆる青焼き)。こちらも時代を感じさせます。


「科学忍者隊ガッチャマン」

タツノコプロのギャグ路線の決定版が「タイムボカンシリーズ」。正義の味方と悪玉トリオがメカを使ってお宝を争奪するストーリーで、主役よりも人気を集めた悪玉トリオの掛け合いが見ものでした。タイムボカン、ヤッターマン、ゼンダマンと続き、全8作が放映されています。


「タイムボカンシリーズ」

メルヘン路線の第一弾が「昆虫物語みなしごハッチ」。母親を探しながら過酷な旅を続けるハッチの姿に涙を流した元少年少女も多いのではないでしょうか。


「昆虫物語みなしごハッチ」

「マッハGoGoGo」は「宇宙エース」に続くタツノコプロ第二作。天才レーサー・三船剛が「マッハ号」に乗って世界を駆けめぐるカーアクションです。心地よいメロディーの主題歌も流行しました。


「マッハGoGoGo」

この項で紹介できなかった作品も「ハクション大魔王」「新造人間キャシャーン」「樫の木モック」「けろっこデメタン」など、記憶に残る名作が目白押し。いかにタツノコプロの影響力が強かったか、再認識させられました。

近年も新作アニメ映画や、原作を元にした実写版などで、改めて注目を集めているタツノコプロの世界。日本が世界に誇るアニメ文化の原点は、まさにここに溢れています。(取材:2012年8月8日)

マンガ手帳2012 タツノコプロ編

タツノコプロ (著)

東京書籍
 

会場松屋銀座
開催期間2012年8月8日(水)~8月20日(月)
所在地 東京都中央区銀座3-6-1
TEL : 03-3567-1211(大代表)
HP : http://www.tatsunoko.co.jp/tatsunokoproten/
展覧会詳細へ 50周年記念 タツノコプロテン 詳細情報
取材レポート
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
渋谷区立松濤美術館「美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック」
美ら島からの染と織
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
横浜美術館「原三溪の美術 伝説の大コレクション」
原三溪の美術
根津美術館「優しいほとけ・怖いほとけ」'
優しい 怖い ほとけ
国立歴史民俗博物館「もののけの夏
もののけの夏
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
エリアレポート MIHO MUSEUM「紫香楽宮と甲賀の神仏―紫香楽宮・甲賀寺と甲賀の造形」
[エリアレポート]
紫香楽宮と甲賀神仏
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 特別展「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」
国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 生誕90周年記念 手塚治虫展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、7/30から投票開始です!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社