インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  藤田美術館の至宝  国宝 曜変天目茶碗と日本の美

藤田美術館の至宝  国宝 曜変天目茶碗と日本の美

■珠玉の名品一堂に、館外初公開
【会期終了】 1954(昭和29)年、大阪市に開館した藤田美術館。明治期に活躍した実業家の藤田傳三郎と、長男・平太郎、次男・徳次郎が蒐集した日本屈指の東洋・日本美術コレクションを館外で初めて一堂に公開する展覧会が、サントリー美術館で開催中です。
幕末の萩に生まれた藤田傳三郎。維新の中心を担った長州藩において、藤田自身も奇兵隊の隊士でもあったといわれています。

維新後は大阪に出て多くの事業を手掛け、関西屈指の実業家の座に上り詰めた傳三郎。当時の日本は近代化が進む一方で、廃仏毀釈の流れを受けて仏教美術が荒廃しており、心を痛めた傳三郎は散逸しつつある仏教美術の保護に乗り出します。

会場冒頭は、まず宗教美術から。快慶による重要文化財《地蔵菩薩立像》は、背後に回っての鑑賞も可能。《三方開春日厨子》は、厨子内にも細かな彩色が施されています。


第1章「傳三郎と廃仏毀釈」

続く第2章は「国風文化へのまなざし」、和様の書や絵巻を紹介します。

日本の文物は中国に由来するものが多く、日本の絵巻も中国の画巻から発展したものです。ただ、物語が描かれるようになったのは、日本のオリジナル。長い年月を経て伝承を重ねる中で、分断されて軸物(掛軸)になった絵巻も数多くあります。


第2章「国風文化へのまなざし」

傳三郎は近代茶人としても知られ、茶の湯を通じて井上馨や益田孝(鈍翁)らと親しく交わりましたが、残念ながら戦災による混乱もあって、傳三郎の茶会記などは現存しません。

この章には墨跡や中国の宋元画、日本の水墨画など、茶の湯の席で重用された名品が並びます。


第3章「傳三郎と数寄文化」

続く吹抜けエリアは、先に第5章「天下の趣味人」となります。

実業界随一の趣味人だった傳三郎。茶の湯のみならず建築、造園、能楽にも明るく、特に能楽は邸内に能舞台を備えるほどでした。

竹内栖鳳による《大獅子図》とともに能面や能装束なども展示されており、そのコレクションは多彩です。


第5章「天下の趣味人」

多くの方が、おそらくこれを楽しみにしていると思います。国宝《曜変天目茶碗》はここで登場します。

世界に三点しか現存しない、曜変天目茶碗(他は静嘉堂文庫美術館蔵と大徳寺龍光院蔵)。宇宙を思わせる瑠璃色の斑文が内側を彩り、茶道具に詳しくない方でも、その神秘的な佇まいには息を飲むことでしょう。

藤田美術館の曜変天目茶碗は、徳川家康から水戸徳川家に伝わったもの。1918(大正7)年の売り立てで、藤田平太郎が53,800円で購入しました。この茶碗は斑文が外側にも現れているのが特徴的ですので、会場でじっくりとお楽しみください。


国宝《曜変天目茶碗》

国宝《曜変天目茶碗》を含めて、以降は全て第4章「茶道具収集への情熱」となります。

茶道具の蒐集に情熱を傾けた傳三郎。長きに渡って憧れ続けた《交趾大亀香合》を亡くなる10日前に入手したという逸話も伝わります。

子息たちも《曜変天目茶碗》をはじめ様々な茶道具を蒐集。充実した現在のコレクションが形成されていきました。


第4章「茶道具収集への情熱」

前後期あわせて約120件のうち、国宝が8件、重要文化財が22件も出展される豪華な展覧会。関西の人にはお馴染みの藤田美術館の名品を、東京近郊の人が見られる絶交のチャンスです。8月31日までの前期と9月2日からの後期で多くの作品が入れ替わりますので、公式サイトの出品作品リストでご確認の上、お出かけください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年8月4日 ]

※作品はすべて藤田美術館蔵



■国宝 曜変天目茶碗と日本の美 に関するツイート


 
会場サントリー美術館
開催期間2015年8月5日(水)~9月27日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 藤田美術館の至宝  国宝 曜変天目茶碗と日本の美 詳細情報
取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
Bunkamura
リヒテンシュタイン
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて
特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 カラヴァッジョ展 富野由悠季の世界 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社