ニュース
    現代陶芸の今、そして未来 ― パナソニック汐留美術館で「未来へつなぐ陶芸 - 伝統工芸のチカラ 展」
    (掲載日時:2022年1月14日)

    パナソニック汐留美術館「未来へつなぐ陶芸 - 伝統工芸のチカラ 展」会場
    パナソニック汐留美術館「未来へつなぐ陶芸 - 伝統工芸のチカラ 展」会場

    1973年に発足した日本工芸会陶芸部会の創立50周年を記念し、現代陶芸の今に焦点を当てた展覧会が東京で開催される。

    日本では1950年に文化財保護法が施行され、その5年後の同法改定を機に日本工芸会が発足。

    1973年に同会陶芸部所属の作家による「第1回新作陶芸展(陶芸部会展)」が開催され、現在に至っている。

    同会で活躍した作家の秀作とともに、その活動の歴史を振り返る本展では、歴代の人間国宝作品をはじめ、窯業地ならではの素材と伝統を受け継いだ作家らによる作品、茶の湯のうつわなど、伝統工芸の技と美を紹介。

    陶芸部会所属作家を中心に、それ以外の陶芸家の作品を含めて、近現代作家137名の陶芸作品を一堂に展覧する。

    「未来へつなぐ陶芸 - 伝統工芸のチカラ 展」はパナソニック汐留美術館で2022年1月15日(土)~3月21日(月・祝)に開催。入館料は一般 1,000円など。


    パナソニック汐留美術館「未来へつなぐ陶芸 - 伝統工芸のチカラ 展」会場
    パナソニック汐留美術館「未来へつなぐ陶芸 - 伝統工芸のチカラ 展」会場

    パナソニック汐留美術館「未来へつなぐ陶芸 - 伝統工芸のチカラ 展」会場
    パナソニック汐留美術館「未来へつなぐ陶芸 - 伝統工芸のチカラ 展」会場

    このニュースに関連するレポート
    0
    日本工芸会陶芸部会50周年の記念展覧会。人間国宝の作品など技と美が集結
    窯業地ならではの素材と伝統を受け継いだ作家の作品や、茶の湯のうつわも
    新たな素材や独自の技法、未来を担う気鋭の若手作家が手がけた作品も注目
    このニュースに関連する展覧会
    10
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    2022年1月15日(土)〜3月21日(月)
    開催中[あと58日]
    このニュースに関連するミュージアム

    おすすめレポート
    学芸員募集
    日本博物館協会 学芸員募集中! [日本博物館協会]
    東京都
    外務省外交史料館 非常勤職員募集(史料補修員) [外務省外交史料館]
    東京都
    奈良文化財研究所 展示企画室アソシエイトフェロー 募集 [奈良文化財研究所]
    奈良県
    国立民族学博物館技術補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府
    国立民族学博物館事務補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    ビッグパレットふくしま(福島県産業交流館) | 福島県
    WHO IS BANKSY? バンクシーってだれ?展
    開催まであと158日
    2022年6月29日(水)〜8月24日(水)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 ポンペイ
    開催中[あと71日]
    2022年1月14日(金)〜4月3日(日)
    3
    京都市京セラ美術館 | 京都府
    特別展 ポンペイ
    開催まであと89日
    2022年4月21日(木)〜7月3日(日)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    【開幕日延期】ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展
    開催中[あと71日]
    2022年1月22日(土)〜4月3日(日)
    5
    東京国立近代美術館 | 東京都
    柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」
    開催中[あと22日]
    2021年10月26日(火)〜2022年2月13日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード