ニュース
    哺乳類の進化はチベットから ― 国立科学博物館で「化石ハンター展」
    (掲載日時:2022年7月15日)

    国立科学博物館「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」会場
    国立科学博物館「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」会場

    アメリカ自然史博物館のロイ・チャップマン・アンドリュース(1884-1960)が、1922年に大規模な調査隊を編成してゴビ砂漠へ探検を開始してからちょうど100年たつ事を記念し、古生物学史上重要な「中央アジア探検隊」の成果を紹介する展覧会が東京ではじまる。

    アンドリュースは米国ウィスコンシン州生まれ。大学卒業後、アメリカ自然史博物館に勤務し、1922年から1930年にかけて史上最大とされる中央アジア探検隊を率いてゴビ砂漠を調査。初めて恐竜の卵の化石を発見するなど、大きな成果を上げた。

    展覧会では6章構成で、アンドリュースがゴビ砂漠で発見した恐竜や哺乳類の研究成果を、標本や映像とともに紹介。恐竜の卵化石や、史上最大の陸生哺乳類「パラケラテリウム」、史上最大の陸生肉食哺乳類「アンドリューサルクス」などの標本(複製)を展示する。

    「チベットケサイ」の全身骨格復元標本が世界初公開されるほか、生体復元モデルを展示。北極圏よりも先に寒冷環境となったチベット高原で、さまざまな哺乳類が寒冷気候に適応し、氷河時代に各地に放散したとする「アウト・オブ・チベット」説を紹介する。

    ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念 特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」は国立科学博物館で2022年7月16日(土)~10月10日(月・祝)に開催。入館料は一般・大学生 2,000円など。日時指定予約制。


    国立科学博物館「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」会場
    国立科学博物館「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」会場

    国立科学博物館「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」会場
    国立科学博物館「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」会場

    国立科学博物館「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」会場
    国立科学博物館「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」会場

    このニュースに関連する展覧会
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    開催中[あと59日]
    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    三重県立美術館 非常勤学芸員募集 [三重県立美術館]
    三重県
    京都工芸繊維大学 美術工芸資料館 技術補佐員の募集 [京都工芸繊維大学(美術工芸資料館)]
    京都府
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催中[あと16日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    2
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと44日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    3
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと23日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    4
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと23日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと30日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)