ニュース
    純金の若冲カレンダーが6000万円で発売
    (掲載日時:2012年11月13日)
    2013年に東北3県で開催される展覧会『東日本大震災復興支援 特別展「若冲が来てくれました ─ プライスコレクション 江戸絵画の美と生命」』を記念し、GINZA TANAKA(田中貴金属ジュエリー株式会社)は、伊藤若冲の代表作「鳥獣花木図屏風」を純金6kgにあしらった純金のカレンダーを制作し、2012年11月13日(火)、都内で報道発表会が行われた。

    カレンダーは純金6kgを圧延したもので、本体の大きさは41cm×66cmというビッグサイズ。「鳥獣花木図屏風」を片面に印刷し、6,000万円(税込)で販売する。

    あわせて、同様のデザインの5gと1gの純金カレンダー(43,000円と11,000円)、金箔葉書3種・金箔しおり2種(各1,500円)を同時に販売。コラボレーション商品の利益の一部は、震災で被災した家畜を始めとする動物のために動物愛護団体に寄付される。

    展覧会は、江戸絵画の収集で著名な米国のジョー・プライス氏のコレクションから、伊藤若冲をはじめ円山応挙、曽我蕭白など選りすぐった100点で構成される。

    プライス氏のコレクションによる若冲展は、2006年に東京国立博物館をはじめ、京都、九州などで開催され、85万人以上を動員。東北には巡回していなかった。当時プライス夫妻は「最後の里帰り」と思っていたというが、震災の状況を知って、再び展覧会の開催を決意したという。

    展覧会の出品作のうち2割は、2006年には出品されなかった作品。「自然や動物を描いた作品を多く選び、子どものための展覧会にしたい」(プライス夫妻)としている。

    会場は仙台市博物館(2013年3月1日~5月6日)、岩手県立美術館(5月18日~7月15日)、福島県立美術館(7月27日~9月23日)の3カ所。




     発信:インターネットミュージアム

    仙台市博物館 施設詳細ページへ
    岩手県立美術館 施設詳細ページへ
    福島県立美術館 施設詳細ページへ

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと28日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    2
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    もうすぐ終了[あと7日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月24日(日)
    3
    佐野美術館 | 静岡県
    原田治 展 「かわいい」の発見
    開催中[あと28日]
    2021年1月8日(金)〜2月14日(日)
    4
    福井市美術館(アートラボふくい) | 福井県
    MINIATURE LIFE展ー田中達也 見立ての世界ー
    開催まであと33日
    2021年2月19日(金)〜3月28日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    アーノルド・ローベル
    開催中[あと70日]
    2021年1月9日(土)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    ≪2/18~3/22*期間限定≫大阪市立美術館売店スタッフ大募集! [大阪市立美術館]
    大阪府
    自由民権記念館 契約社員募集 [高知市立自由民権記念館]
    高知県
    【大阪市立美術館】チケット販売スタッフ大募集!≪長期*週3日勤務≫ [大阪市立美術館]
    大阪府
    やなせたかし記念館 学芸員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    藤沢市学芸員募集(浮世絵) [藤沢市藤澤浮世絵館]
    神奈川県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード