ニュース
    アフガニスタン流出文化財102点が返還へ
    (掲載日時:2015年8月5日)
    アフガニスタン流出文化財102点が返還へ
    (左から)東京国立博物館 井上洋一 学芸企画部長、流出文化財保護日本委員会 野口昇 委員、流出文化財保護日本委員会 宮田亮平 委員長、駐日アフガニスタン・イスラム共和国大使館 アフマド・バシール・ガフーリ 一等書記官


    戦乱によりアフガニスタンから日本に流出した文化財がアフガニスタン側に返還される事になり、2015年8月5日(水)、都内で記者発表が行われた。

    2001年にタリバーンがカブール博物館所蔵品やバーミヤン石仏などの破壊命令を出した事を受け、故平山郁夫ユネスコ親善大使が主導し流出文化財保護日本委員会を設立。

    同委員会はユネスコからの委託を受け、戦乱下でアフガニスタンから不当に国外に持ち出され、世界のブラックマーケット等を通じて最終的に日本に辿り着いた《ゼウス神像の左足》《カーシャパ兄弟の仏礼拝図》など102点を保護・保管していた。

    本年5月、アフガニスタン側から返還の要請があり、2016年に九州と東京で開催される特別展で流出文化財のうち15点を展示した後、全点をアフガニスタンに返還する事が決定。返還後は展覧会で世界各国を巡回した後に、アフガニスタン国内に戻る。

    返還決定を受け同委員会の宮田亮平委員長は「文化財の保護に情熱を捧げた平山郁夫氏も喜んでいるのでは。(2009年に没した平山氏は)今年で没後6年、ちょうど七回忌にあたるこの年に発表できるのも縁かと思う」と語った。

    特別展「黄金のアフガニスタン ─ 守りぬかれたシルクロードの秘宝 ─ 」は、九州国立博物館で2016年1月1日~2月14日、東京国立博物館・表慶館で2016年4月12日~6月19日に開催される。

    東京展にあわせた時期に、東京藝術大学大学美術館 陳列館で、破戒された大仏の天井壁画などを再現して紹介する事も発表された。
     発信:インターネットミュージアム
    展覧会ランキング
    1
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    FREESTYLE 2020 大野智 作品展
    開催中[あと39日]
    2020年9月9日(水)〜11月8日(日)
    2
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催まであと9日
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    3
    札幌芸術の森美術館 | 北海道
    ムーミン展 
    開催中[あと34日]
    2020年9月12日(土)〜11月3日(火)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    tupera tuperaのかおてん.
    開催中[あと90日]
    2020年6月10日(水)〜12月29日(火)
    5
    東京藝術大学大学美術館陳列館 | 東京都
    先端芸術2020/アペラシオンAPPARATION
    もうすぐ終了[あと3日]
    2020年9月20日(日)〜10月3日(土)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    公益財団法人府中文化振興財団 令和3年4月採用 事務職(考古担当学芸員)正規職員募集 [府中市郷土の森博物館 ※その他府中市内の当財団管理施設の場合あり]
    東京都
    (公財)金沢文化振興財団学芸員(プロパー職員)募集 [金沢ふるさと偉人館]
    石川県
    【常勤】学芸(資料展示・資料整理・来館者対応)・法人運営補助スタッフ [名古屋陶磁器会館]
    愛知県
    桃青京都ギャラリー正社員営業ギャラリスト募集 [桃青京都ギャラリー]
    京都府
    大村市歴史資料館会計年度任用職員(学芸系)募集 [大村市歴史資料館]
    長崎県

    ミュージアム キャラクター アワード