ニュース
    藤田嗣治の代表作、《舞踏会の前》の修復が完了
    (掲載日時:2015年11月30日)
    藤田嗣治《舞踏会の前》の修復が完了
    修復の過程を説明する、東京藝術大学文化財保存学専攻保存修復油画研究室の木島隆康教授


    藤田嗣治が1925年に描いた油彩画《舞踏会の前》(大原美術館蔵)の修復が完成し、2015年11月30日(月)、東京・上野の東京藝術大学大学美術館で報道陣に公開された。

    《舞踏会の前》は、乳白色の裸婦像で知られる藤田嗣治の大作。藤田は1921年から乳白色の裸婦像を描いているが、裸婦は1人の作品が多い。《舞踏会の前》は《五人の裸婦》(東京国立近代美術館蔵)につづく裸婦の大型群像作品で、当時39歳だった藤田はレジオン・ドヌール勲章も受章し、画家として頂点を迎えていた頃に描かれた作品といえる。

    今回の修復はBNP パリバ・グループの支援で昨年から進められていたもので、まず画面上の汚れや旧補彩絵具を除去。画布が破れていた部分も旧補彩を取り、オリジナルの色調を参考に補彩し直した。乳白色の裸婦は印影の表現が極めて薄く繊細なため、特にクリーニングは慎重に進められた。

    藤田は東京藝術大学の前身である東京美術学校の出身で、修復完成披露展では、東京藝術大学が所蔵する在学時の作品2点と、個人蔵の作品1点も公開される。

    「藤田嗣治《舞踏会の前》修復完成披露展」は、2015年12月1日(火)~12月6日(日)に東京藝術大学大学美術館展示室2で開催。同時に同大学が所蔵する藤田の書簡・日記・写真など「藤田嗣治資料」も公開・展示される。ともに入場は無料。

    修復された《舞踏会の前》は、来年1月から国立新美術館で開催される「はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション」展にも出品される。
     発信:インターネットミュージアム

    東京藝術大学大学美術館 施設詳細ページ
    東京藝術大学大学美術館 公式ページ
    おすすめレポート
    学芸員募集
    東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
    東京都
    はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
    広島県
    ECサイト運営担当募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    広報・PR担当リーダー募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    イベントやグッズなど企画マネージャー募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
    BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
    もうすぐ終了[あと13日]
    2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと83日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    3
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと20日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    開催中[あと69日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    開催中[あと55日]
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)