ニュース
    震災から5年、東京藝術大学大学美術館で「いま、被災地から -岩手・宮城・福島の美術と震災復興-」展
    (掲載日時:2016年5月16日)
    東京藝術大学大学美術館「いま、被災地から -岩手・宮城・福島の美術と震災復興-」

    2016年5月16日(月)、東京・台東区の東京藝術大学大学美術館で「いま、被災地から -岩手・宮城・福島の美術と震災復興-」のプレス向け内覧会が開催された。

    2011年の東日本大震災では多くのミュージアムが被災し、陸前高田市立博物館、石巻文化センターなどで美術資料が被害を受けたが、全国美術館会議がいちはやく東日本大震災復興対策委員会を立ち上げ、作品の救出、修復、復元などの事業を計画的、継続的に実施してきた。

    今回の企画は、現在もなお作業は継続されているが、震災から5年を経た事も踏まえて、これまでの経過を展覧会のかたちで報告するもの。

    第一部では岩手県・宮城県・福島県が生んだ近現代の美術作家の優品を展示。第二部では、全国美術館会議における一連の活動をパネルで紹介するとともに、被災後に修復された作品も展示。地域社会に貢献する美術館活動の意義などを探る。

    「いま、被災地から -岩手・宮城・福島の美術と震災復興-」は東京藝術大学大学美術館で、2016年5月17日(火)~6月26日(日)に開催。観覧料は一般 800円、大学生・高校生 500円(中学生以下は無料)。
     東京藝術大学大学美術館「いま、被災地から -岩手・宮城・福島の美術と震災復興-」の取材レポートはこちら

    発信:インターネットミュージアム

    東京藝術大学大学美術館 施設詳細ページ

    「いま、被災地から -岩手・宮城・福島の美術と震災復興-」公式ページ
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丹青研究所 アルバイト募集(長期/短期 設計室) [株式会社 丹青研究所]
    東京都
    丹青研究所 アルバイト募集(企画コンテンツ室) [株式会社 丹青研究所]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    開催中[あと27日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと131日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと20日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    デ・キリコ展
    開催中[あと94日]
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)