ニュース
    狩野永徳の織田信長像、当初は派手だった
    (掲載日時:2011年6月11日)
    桃山時代の天才絵師・狩野永徳が描いた肖像画「織田信長像」が、当初は左右色違いの小袖を身につけた華やかな姿だったことが分かった。

    08~09年の修復に伴う京都国立博物館の調査で、絵の裏側から「裏彩色(うらざいしき)」を発見。

    裏彩色は、小袖の左右が薄茶ともえぎ色の「片身替わり」と呼ばれる当時流行のデザインで、当初は裏彩色に近い肖像が表にも描かれていたと見られる。

    地味に描き直されたのは、豊臣秀吉の横やりだったのではとの見方もある。
     発信:毎日jp

    京都国立博物館 施設詳細ページへ

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    佐野美術館 | 静岡県
    原田治 展 「かわいい」の発見
    開催中[あと24日]
    2021年1月8日(金)〜2月14日(日)
    2
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    もうすぐ終了[あと3日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月24日(日)
    3
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと24日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    4
    茨城県近代美術館 | 茨城県
    ムーミン コミックス展
    開催中[あと52日]
    2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    アーノルド・ローベル
    開催中[あと66日]
    2021年1月9日(土)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)石川県埋蔵文化財センター 嘱託調査員募集中 [公益財団法人石川県埋蔵文化財センター]
    石川県
    兵庫県職員【学芸員 (近現代美術)、(近世・近代書) 】募集中! [兵庫県立美術館など]
    兵庫県
    令和3年度 兵庫県立美術館会計年度任用職員【県政推進員】採用選考 [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    令和3年度 兵庫県立美術館会計年度任用職員【広報専門員】採用選考 [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    兵庫県職員(学芸員【近世・近代書】) [兵庫県立美術館 等]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード