読者
    レポート
    アートとめぐる はるの旅
    名古屋市美術館 | 愛知県


    展覧会の大看板


    「アートとめぐるはるの旅」展が始まりました。

    本展は、名古屋市美術館のコレクションから、「旅」をテーマに選んだ作品で構成された特別展です。 作品点数は約50点と少なめですが、作品を通して「宇宙」、「海底」、「外国」、「過去」などを旅します。

    本展、実は「アートで旅するなつやすみ」として、昨年の夏に開催予定でしたが、新型コロナウィルスの影響により、内容、会期、会場を変更して、ようやく実現したものです。



    会場入口


    会場入口の大きな垂幕は上部が隠れていますが、カラフルでよく目立ちます。


    展覧会の見どころ



    山田光春≪星の誕生≫1967年 名古屋市美術館蔵


    スタート地点は「宇宙」です。

    色彩のきれいな作品で、今回のメインビジュアルです。山田光春の作品は他にも出ていますが、これが一番きれいだと思います。



    展示風景


    「たびのはじまり」

    旅に出るときは、目的地までのわかりやすい地図があると便利です。

    この旅で使う地図は、右側の白地の作品です。よく見ると、いろいろなものを圧縮して作られています。アルファベットも見えるので、スタート地点は外国かもしれません。



    展示風景


    「やみをぬけて」

    右側の作品には、正体不明の生物が描かれています。 左側の作品の空には月が出ています。いつの間にか地上に戻ったようです。



    展示風景


    「おわりとはじまり」

    このコーナーでは、人生という長い時間を旅します。 普段はエコール・ド・パリの作品が並んでいますが、大きく様変わりしていて驚きました。

    このコーナーのタイトルには聞き覚えがあります。もしかすると、「ゲド戦記」にちなんだネーミングかもしれません。



    展示室風景


    「うみをこえて」

    旅をするのは人ばかりではありません。左側の作品は、海を越えて美術館にきました。 モディリアーニの≪おさげ髪の少女≫を題材に、作品が旅した時代を想像してみます。



    展示室風景


    「おわりとはじまり」から「うみをこえて」の間に、カラフルなテントがあります。

    表面には数字の「8」のような模様が無数についています。作品のキャプションによると、素材は本物のテントのようです。きっと、この旅の休憩場所なのでしょう。 (注意、作品の中には入れません)



    展示室風景


    「ここはどこ?」

    この旅も終盤ですが、とうとう迷子になってしまいました。 虎がいるので動物園のようですが、有名な東山動物園でしょうか。

    東山動物園で思い出したのですが、名古屋市美術館では「東山動物園猛獣画廊壁画修復募金」という、収蔵作品修復のための募金を行っています。(詳しくは、美術館HP参照)



    展示室風景


    「おかえりなさい」

    大きくて、軽やかで、不思議な作品です。材料は、白い布、木の棒、ロープです。 庄司達の≪Navigation Flight (空間の誘導・飛行)No.5-6≫(1991年)です。 12年ぶりの展示ですが、どうやって組み立てるのか、とても興味を惹かれます。


    最後に、この旅では、いろいろな乗り物に乗りましたが、作品には、乗り物がほとんど描かれていません。自動車、船、飛行機、ロケット、どれも見当たりません。まるで、想像力だけで自由に旅をしてごらんと、誘われているようです。 見終わって、とても清涼感のある展示でした。

    新型コロナウィルスの影響もあるので、密にならないよう気を付けて、名古屋市美術館で「はるの旅」はいかがでしょうか。

    なお、展示室内の写真は、特別に許可を得て撮影したものです。


    [ 取材・撮影・文:ひろ.すぎやま / 2021年3月27日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    名古屋市美術館
    会期
    2021年3月25日(木)〜6月6日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前9時30分~午後5時、金曜日は午後8時まで
    いずれも入場は閉館30分前まで
    休館日
    月曜日(5月3日は開館)、5月6日(木)※4月29日(木・祝)から5月5日(水・祝)までは休まず開館
    住所
    〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-17-25 (芸術と科学の杜・白川公園内)
    電話 052-212-0001
    料金
    一般:500円、高大生:300円、中学生以下:無料
    展覧会詳細 アートとめぐる はるの旅 詳細情報
    読者レポーターのご紹介

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと18日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと181日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと17日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと76日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと146日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
    埼玉県
    島根県立八雲立つ風土記の丘(公益財団法人しまね文化振興財団)学芸員募集 [島根県立八雲立つ風土記の丘]
    島根県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード