読者
    レポート
    東京藝術大学スーパークローン文化財 謎解き「ゴッホと文化財」展
    そごう美術館(横浜駅東口 そごう横浜店 6階) | 神奈川県

    ゴッホを中心に「文化財を知る・楽しむ」をテーマに、クローン文化財の活用を紹介する展覧会が開催されています。

    油彩画や浮世絵などクローン文化財だからこそできる新たな楽しみ方を紹介。夏休み期間は、小・中学生の宿題にも役立つ特別企画も用意。子供も大人も楽しめる展覧会です。



    会場入口


    さまざまな角度から作品を体感

    37年の人生を駆け抜けたゴッホ。10年の短い画業の中に潜む様々な謎を紐解きます。



    会場風景 謎解きパネルをチェック


    オルセー美術館の名画を間近で

    マネ・ドガ・モネ・セザンヌなど、印象派、ポスト印象派の巨匠の絵画がずらりと並びます。白いボードは3D計測技術によって、表面の凹凸を再現したものです。



    ゴッホと比べてみよう


    こちらは、モネの絵の凹凸を再現した白いパネル。ボード前方の絵画を見ながら、筆のタッチや厚塗りの状態を観察してみましょう。



    クロード・モネ《睡蓮の池 緑のハーモニー》


    立体の再現は、マネの絵から笛を吹く少年が飛び出しました。スーパークローン文化財の技術は立体表現を豊かに浮かび上がらせます。



    エドゥアール・マネ 《笛を吹く少年》(再現) オルセー美術館 1866年


    ゴッホが見た夜の光は?

    夜の光に魅せられてゴッホは星月夜を描きました。実際に見ていた光はどんな色だったのでしょうか?明るい場所、暗い場所で見る絵の印象は違います。あたりを暗くしたブースで、ゴッホが見た光に近い色を体験できます。



    フィンセント・ファン・ゴッホ 《ローヌ川の星月夜》(再現)オルセー美術館 1888年


    浮世絵を模写したゴッホ

    絵画の学習は「模写」が伝統的な学習法です。ゴッホは浮世絵も模写しました。それは単なる模写でなく、絵画の一部や背景に浮世絵版画の図像を加えました。

    作品の周囲に漢字を装飾的に描き、緑と赤の縁で画面を囲み補色効果を強めています。浮世絵の影響を受けつつ、先鋭的な構図と強烈な色彩感覚をもつ画家への足掛かりになりました。



    フィンセント・ファン・ゴッホ《ジャポネズリー 雨の大橋》


    日本にあった“芦屋の《ひまわり》”

    大正時代、西洋美術が知られていない時代に、ゴッホのひまわりが日本に存在していました。しかし1945年、空襲で焼失。今回、幻の《ひまわり》が甦り初公開です。100年前になぜ《ひまわり》が日本に? 謎解き解説は青い日記帳さんです。



    会場風景 カリスマブロガー青い日記帳さんによる謎解き解説


    ゴッホがたくさんのひまわりを描いたのはなぜ? 背景をブルーにしたのは? 再現された《ひまわり》を前にじっくり考えながら解説を・・・



    会場風景 芦屋の《ひまわり》謎解き解説


    またどのように《ひまわり》を甦えらせたのでしょうか?筆致や絵の具の厚みを研究し、最終的には手作業で、一筆一筆描く細やかな作業を映像で紹介しています。



    甦るひまわり


    改めてひまわりの、筆のタッチを見て下さい。ゴッホはこの筆跡に何を込めたのでしょうか?またこの絵をぜひ日本に紹介したいと思った先人の驚き、そして今、それらを再現した人たちの思いが、厚く塗り重ねられているのを感じます。



    フィンセント・ファン・ゴッホ《ひまわり》(再現)(部分)  原本年代 1888 年 /1945 年焼失


    スーパークローン文化財は、最新デジタル技術によって、文化財保護に一役を買っています。その裏には模写という熟練のアナログ技術も欠かせないことがわかります。技術と人の目や手によって、文化財がつくられつながってくことも見えました。

    ※展示作品はすべてクローン文化財・スーパークローン文化財(調査研究に基づく再現・復元。部分・拡大縮小の作品を含む)


    [ 取材・撮影・文:コロコロ / 2021年7月31日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?


    会場
    そごう美術館(横浜駅東口 そごう横浜店 6階)
    会期
    2021年7月31日(土)〜8月31日(火)
    会期終了
    開館時間
    10:00〜20:00(最終入館時間 19:30)
    ※8月18日(水)は19:00閉館(最終入館時間18:30)
    ※そごう横浜店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
    休館日
    会期中無休
    住所
    〒220-8510 神奈川県横浜市西区高島2-18-1
    電話 045-465-5515(そごう美術館直通)
    公式サイト https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/
    料金
    【 事前予約不要 】
    一般1,100(900)円、大学・高校生900(700)円、中学生以下無料 *消費税含む。
    *( )内は前売料金。
    *以下のカードをお持ちの方はカード提示で( )内の料金にてご入館いただけます。
    [ミレニアム/クラブ・オンカード、セブンカード・プラス、セブンカード]
    *障がい者手帳各種をお持ちの方、およびご同伴者1名さまは無料でご入館いただけます。
    *前売券は、6月25日(金)から7月30日(金)まで、そごう美術館またはセブンチケット・ローソンチケット・イープラス・チケットぴあにてお取り扱いしております。 
    展覧会詳細 東京藝術大学スーパークローン文化財 謎解き「ゴッホと文化財」展 詳細情報
    読者レポーターのご紹介

    おすすめレポート
    学芸員募集
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 企画・広報担当スタッフ 募集! [呉市宝町5-32(海上自衛隊呉史料館)]
    広島県
    枚方市立生涯学習市民センターサポートスタッフ募集(学芸員) [南部生涯学習市民センターまたは文化生涯学習課]
    大阪府
    府中市郷土の森博物館プラネタリウムアルバイト募集 [府中市郷土の森博物館]
    東京都
    【学校法人武蔵野美術大学】嘱託職員募集(美術館業務) [武蔵野美術大学 美術館・図書館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと81日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催まであと9日
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    ビッグパレットふくしま(福島県産業交流館) | 福島県
    バンクシーって誰?展 ― WHO IS BANKSY?
    開催中[あと49日]
    2022年6月29日(水)〜8月24日(水)
    4
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    モディリアーニ展 ー 愛と創作に捧げた35年 ー
    もうすぐ終了[あと12日]
    2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    コジコジ万博
    もうすぐ終了[あと4日]
    2022年4月23日(土)〜7月10日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード