IM
    レポート
    特別展「恐竜博2023」
    国立科学博物館 | 東京都
    大型化して歯や爪が進化VS板やトゲが発達。恐竜の攻・守がテーマの展覧会
    頭骨から尾の棍棒まで。鎧竜屈指の完全度、ズールの全身実物化石が初上陸
    人気のティラノサウルスは、2体を並べて展示。ドラマチックな会場を堪能

    国立科学博物館で数年おきに開催されている恐竜の特別展。今回は「攻守」がテーマです。

    防御のため、胴体に板状・トゲ状の突起や鎧を進化させた装盾類(剣竜類・鎧竜類)。対抗するように、身体を大型化したり歯や爪を進化させた肉食恐竜。両者を対比しながら、恐竜たちの進化を読み解いていきます。


    国立科学博物館「恐竜博2023」会場入口
    国立科学博物館「恐竜博2023」会場入口


    展覧会は第1章「装盾類の進化」から始まります。

    約2億3000万年前に爬虫類がつま先立ちになり、恐竜が誕生。エオドロマエウスなどの肉食に対し、エオラプトル(竜脚類)とヘテロドントサウルス(鳥盤類)は植物食になりました。ここに、恐竜同士で「攻める・守る」という関係が生まれました。


    国立科学博物館「恐竜博2023」会場より 第1章「装盾類の進化」
    第1章「装盾類の進化」


    スクテロサウルスは、最初期の装盾類です。全身が300個以上の小さな皮骨で覆われていました。

    後の時代の鎧竜などの装盾類か四足歩行であるのに対し、スクテロサウルスは二足歩行の小型恐竜です。


    国立科学博物館「恐竜博2023」会場より スクテロサウルス
    スクテロサウルス


    本展の主役であるズール・クルリヴァスタトルは、第2章「鎧竜ズールのすべて」に登場します。クルリヴァスタトルという種小名は「脛の破壊者」の意味。攻撃してくるゴルゴサウルスに対し、棍棒を振り回して反撃するイメージから命名されました。

    ズールの頭骨を見ると、目の後ろにある角の骨の前面に深い溝があり、鼻から頭頂部にかけて六角形の皮骨が並んでいます。これらの特徴から新種であると判断されました。


    国立科学博物館「恐竜博2023」会場より ズール・クルリヴァスタトル 頭骨(実物)ロイヤルオンタリオ博物館
    ズール・クルリヴァスタトル 頭骨(実物)ロイヤルオンタリオ博物館


    鎧竜が頭骨から尾の棍棒までが一緒に発見されるのは、ズールがほぼ唯一です。また、ズールの実物化石がカナダのロイヤルオンタリオ博物館以外で公開されるのは今回が初めてと、大変貴重な機会です。

    会場には、ゴルゴサウルスとズールを対峙させた展示もあります。スロープを下りながら全身復元骨格を鑑賞するという凝った構成で、迫力の戦いを堪能できます。


    国立科学博物館「恐竜博2023」会場より ゴルゴサウルスとズールの戦い
    ゴルゴサウルスとズールの戦い


    第3章は「北半球における獣脚類の進化」。約7600万年前頃のティラノサウルス類であるゴルゴサウルスが全長8m程度だったのに対し、ティラノサウルスは約13m。1000万年で大型化が進みました。

    本展では、ティラノサウルスの中でも発見例が少ない部位の実物化石を使って組み立てられた、全身骨格「タイソン」が世界初公開。同じティラノサウルス「スコッティ」が並んだ空間は、絶好のフォトスポットになりそうです。


    国立科学博物館「恐竜博2023」会場より ティラノサウルス (手前)「タイソン」タイソン ティラノサウルスレックス合同会社 / (奥)「スコッティ」むかわ町穂別博物館 ©Courtesy of The Royal Saskatchewan Museum
    ティラノサウルス (手前)「タイソン」タイソン ティラノサウルスレックス合同会社 / (奥)「スコッティ」むかわ町穂別博物館 ©Courtesy of The Royal Saskatchewan Museum


    第4章は「南半球における獣脚類の進化」。北半球のティラノサウルス類は南半球には進出せず、全長15m以上と史上最大の獣脚類であるスピノサウルスなど、大型種が繁栄しました。

    2020年にアルゼンチンで発掘され、2022年に新種として命名された肉食恐竜が、メガラプトル類の新種、マイプです。推定全長9mはメガラプトル類の中で最大級です。南半球ではメガラプトル類が生態系の頂点にいた可能性も指摘されています。


    国立科学博物館「恐竜博2023」会場より マイプ ホロタイプ標本(実物)パドレ・モーリナ博物館
    マイプ ホロタイプ標本(実物)パドレ・モーリナ博物館


    最後の第5章は「絶滅の最新研究」。約6600万年前、現在のカリブ海付近に隕石が衝突。環境が急変し、大きな恐竜は絶滅してしまいました。ただ、近年の研究では、隕石衝突の約1000万年前から、恐竜の多様性は減少傾向にあったことも分かっています。

    ドードーは、1598年のオランダ人の航海日誌で、初めて存在が記録されたモーリシャス島の鳥です。人間による乱獲などで、1681年頃には絶滅したとされ、人間が関与した絶滅の象徴的な存在です。


    国立科学博物館「恐竜博2023」会場より (奥)ドードー 交連骨格(複製)群馬県立自然史博物館
    (奥)ドードー 交連骨格(複製)群馬県立自然史博物館


    恐竜好きの子どもたちにはたまらない展覧会です。ぜひ家族でお楽しみください。東京展の後に、大阪市立自然史博物館に巡回します(7/7〜9/24)。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年3月13日 ]

    第1章「装盾類の進化」
    ズール 体骨格産状(複製)ロイヤルオンタリオ博物館
    ゴルゴサウルス 頭骨(実物)ロイヤルオンタリオ博物館
    ケラトプス科の未記載種 国立科学博物館
    スキピオニクス 群馬県立自然史博物館
    第4章「南半球における獣脚類の進化」
    会場
    国立科学博物館
    会期
    2023年3月14日(火)〜6月18日(日)
    会期終了
    開館時間
    9 時~17 時(入場は16 時30 分まで)
    休館日
    月曜日
    住所
    〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://dino2023.exhibit.jp/
    展覧会詳細 特別展「恐竜博2023」 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
    北海道
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    栃木県立美術館 学芸員募集中 [栃木県立美術館]
    栃木県
    丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 学芸員募集中 [丸亀市猪熊弦一郎現代美術館]
    香川県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと103日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと34日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    3
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと91日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    4
    国立西洋美術館 | 東京都
    内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
    開催中[あと62日]
    2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
    5
    細見美術館 | 京都府
    美しい春画-北斎・歌麿、交歓の競艶-
    開催まであと75日
    2024年9月7日(土)〜11月24日(日)