IM
    レポート
    写真とファッション 90年代以降の関係性を探る
    東京都写真美術館 | 東京都
    もともと近い関係にあるファッションと写真、90年代以降の展開を探る
    新しいイメージを作った写真家や、時代を変えたファッション誌などを紹介
    長年にわたって文化誌『花椿』の編集をつとめた林央子氏が監修

    新型コロナウイルス感染症拡大防止のため2月29日(土)から休館していた東京都写真美術館。6月2日(火)からようやく再開となりました。

    2階展示室で開催されている本展は、文化誌『花椿』の編集者としてファッションやアートの世界を見つめてきた林央子氏が監修。会場にはアーティスト別に作品が並びます。

    まず冒頭は、アンダース・エドストローム(1966-)から。フランスでファッションデザイナーのマルタン・マルジェラと出会い、メゾン・マルタン・マルジェラの撮影を長年手がけました。ファッション・カルチャー誌『Purple』で、多くの作品を発表しています。



    アンダース・エドストローム


    髙橋恭司(1960-)も『Purple』など、ファッション・カルチャー誌で活躍。まっすぐにこちらを見返す女性の写真《Tokyo Girl》は、ファッション誌『CUTiE』1992年6月号の巻頭特集です。同誌は「男の子のためにおしゃれをするのではなく、自分が楽しくなるために服を着る」ことがコンセプトでした。



    髙橋恭司


    会場では、時代のターニングポイントとなった雑誌を資料展示として紹介。『Purple』は1992年にパリで創刊。同人誌のような形態から大きく成長し、さまざまなクリエイターに影響を与えました。『here and there』は、展覧会監修の林央子氏が2002年に創刊しています。



    「Purple」「here and there」


    その『Purple』を創刊したひとりが、エレン・フライス(1968-)、本展ではスライドプロジェクターで写真を展示。あわせて同じ展示室で、エレンと長く交流がある現代美術作家の前田征紀によるインスタレーション作品も展示し、両者によるコラボレーション空間が広がります。



    前田征紀


    日本人の若者をモデルとして起用し、ストリートで撮影し続けたのがホンマタカシ(1962-)です。ホンマタカシが『CUTiE』や『流行通信』などで活躍した90年代は、雑誌が文化を牽引していた時代。ただ、インターネットの普及により、状況は大きく変わっていきました。



    PUGMENT×ホンマタカシ


    ファッション・レーベルのPUGMENT(パグメント)は、2014年に結成。主要メンバーは90年代生まれの男女と、すでにインターネットが普及し、多くの雑誌が消えた時代です。結成当時からホンマタカシとコラボレーションを展開するほか、さまざまな分野の人々と協働。現在はギャラリースペースも営んでいます。



    PUGMENT


    編集者と写真家が協働し、雑誌から流行がつくられていた90年代。その後、ネットの普及により雑誌主導で流行現象がつくられる時代が終わり、スマホが広まるにつれてエンドユーザー自身が情報発信するようになりました。ファッションにおける写真の役割は、時代とともに変化し続けている事が実感できる展覧会です。

    元々は3月3日(火)~5月10日(日)の日程で予定されていた本展。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休止していましたが、会期が延長されました。展覧会の入場には特に予約などは必要ありませんが、東京都写真美術館ではさまざまな対策を行っているほか、木・金曜日の夜間開館を休止しています。来館前に必ず公式サイトでご確認ください。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年6月3日 ]

    アンダース・エドストローム
    髙橋恭司
    PUGMENT×ホンマタカシ
    会場
    東京都写真美術館
    会期
    2020年6月2日(火)〜7月19日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(木・金は20:00まで、ただし2020年1月2日・3日は18:00まで)
    入館は閉館の30分前まで
    休館日
    毎週月曜日(5月4日を除く)
    住所
    〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3  恵比寿ガーデンプレイス内
    電話 03-3280-0099
    公式サイト http://topmuseum.jp/
    料金
    一般 800(640)円/学生 700(560)円/中高生・65歳以上 600(480)円 ※( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引、当館年間パスポートご提示者(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料/ウェルカムユース期間中(3/20-4/5)は18歳以下[2001年4月2日以降に生まれた方]無料 ※各種割引の併用はできません。
    展覧会詳細 写真とファッション 90年代以降の関係性を探る 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    大手町三井ホール | 東京都
    『巨大映像で迫る五大絵師』− 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −
    開催中[あと37日]
    2021年7月16日(金)〜9月9日(木)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと201日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    3
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと236日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    4
    大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館) | 大阪府
    掌(てのひら)の建築展
    開催中[あと26日]
    2021年7月10日(土)〜8月29日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    サーリネンとフィンランドの美しい建築展
    開催中[あと48日]
    2021年7月3日(土)〜9月20日(月)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    [延長]パナソニック汐留美術館 学芸員募集 [パナソニック汐留美術館]
    東京都
    長崎歴史文化博物館 学芸員募集 [長崎歴史文化博物館]
    長崎県
    たばこと塩の博物館 学芸員募集 [たばこと塩の博物館]
    東京都
    歴史学芸員(正規職員)募集(公益財団法人静岡市文化振興財団) [静岡市文化振興財団事務局及び静岡市役所歴史文化課 ※ただし、期中に(仮称)静岡市歴史文化施設への変更あり。 ※採用後の人事異動により配置先が変更される場合がある。]
    静岡県
    音楽専門員(正規職員)募集(公益財団法人静岡市文化振興財団) [静岡音楽館]
    静岡県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード