IM
    レポート
    福田美蘭展
    東京都美術館 | 東京都
    硬軟自在に絵画を追及
    2012年のリニューアルを機に、新たな企画展の枠が設けられた東京都美術館。第1回目の現代作家展は、同館と縁が深い福田美蘭(ふくだみらん)さんの作品展です。
    左から《春 ─ 翌日の朝刊一面》《夏 ─ 震災後のアサリ》
    《湖畔》(右)
    左から《水墨山水》《旭日静波》《遊鯉》
    左から《道頓堀》《ブッシュ大統領に話しかけるキリスト》
    会場
    左から《アカンサス》《ロゴマークを描く》
    《ポーズの途中に休憩するモデル》(右)
    第3章「西洋への眼差し」
    《レンブラント ─ パレットを持つ自画像》(左)

    福田美蘭さんは1963年生まれ。トリックアート的な作品で世界的に知られるグラフィックデザイナー、故・福田繁雄さんの一人娘です。


    東京藝術大学に学んだ美蘭さん。東京都美術館で卒展・修了展を行ったのをはじめ、現代日本美術展、日本国際美術展など同館で開かれたコンクール展で活躍するなど、同館初回の現代作家展に相応しい存在です。


    地下2・3階の3つのギャラリーで開催されている本展。黒田清輝の名作の右と上に続きを描いた《湖畔》や、‘昇る朝日’のイメージを西洋的な記号としてハート型に置き換えた《旭日静波》など、第1章「日本への眼差し」にはユーモラスな作品が並びます。


    《湖畔》《旭日静波》などが並ぶ第1章「日本への眼差し」


    第3章「西洋への眼差し」では、さらに実験的な作品も紹介されています。


    《冷蔵庫》は、冷蔵庫のドアをあけると鑑賞できる風景画(実際に中にアクリル絵の具で描いています)。《床に置く絵》は床に置かれた西洋絵画風の作品で「土足で踏んでも構わない」というものです。


    ‘踏んで良い’と言われても、実際に絵を前にするとちょっと勇気がいります。


    第3章「西洋への眼差し」には《冷蔵庫》《床に置く絵》など


    個人的に最もツボに入った作品は、こちら。理解するのが難しいといわれるセザンヌの作品を、美大受験の予備校の視点で添削しました。


    画面下部には総評も。絵を習った経験がある方は、笑いを堪えるのに苦労すると思います。


    《リンゴとオレンジ》


    東京都美術館を設計した前川國男へのリスペクト作品も出展されました。旧大彫塑室であるギャラリーAには、人が入ることができなくなってしまったバルコニーが残っていますが、そこに前川國男を立たせた作品。リニューアルした空間を、設計者本人に見てもらおうという意図です。


    《バルコニーに立つ前川國男》


    最後にご紹介するのは《秋 ─ 悲母観音》。東京藝術大学が所蔵する、狩野芳崖「悲母観音」から着想した、震災をテーマにした作品です。


    芳崖の絵は、観音様が落とした浄水で赤子に命が与えられる構図。美蘭さんは赤子を慈しむように抱きしめた悲母観音を描き、その眼下には家や瓦礫が海に流されて行く様子を描きました。震災をテーマにした春夏秋冬の連作の中のひとつ。他の三作品も、ストレートに心に響きます。


    《秋 ─ 悲母観音》


    政治的・社会的なテーマの硬派な作品と、名画をベースにしたユーモラスな作品。一見すると両極端にも思えますが、「絵画の可能性」を真摯に追及する姿勢は共通しています。


    美蘭さんは個々の作品について、制作の意図やテーマを解説しているため、極めて理解しやすいのも特徴的。現代美術に少し抵抗感がある方も、すっと入っていけると思います。


    蛇足ではありますが、筆者はさまざまな展覧会を年に100本以上を見ていますが、笑い声が出た後に涙を流した展覧会は、あまり記憶にありません。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年7月22日 ]


    ピクチュアレスク ― Miran Fukuda 1992~1998

    福田 美蘭 (著)

    朝日新聞社
     

    会場
    会期
    2013年7月23日(火)~9月29日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:30~17:30
    休館日
    毎月第1・3月曜日(祝休日の場合は開館し、翌日休館)
    ※特別展・企画展は毎週月曜日。(祝休日の場合は開室し、翌日休室)
    ※年末年始のほか、整備休館など臨時に休館及び開館することがあります。
    住所
    東京都台東区上野公園8-36
    電話 03-3823-6921(代表)
    公式サイト http://www.tobikan.jp
    料金
    一般 800円/団体(20名以上)600円/65歳以上 500円/学生 400円
    ※高校生以下は無料。
    ※8月21日(水)、9月18日(水)は「シルバーデー」のため、65歳以上は無料。
    *8月17日(土)、18日(日)、9月21日(土)、22日(日)、は「家族ふれあいの日」のため、18歳未満の子供を同伴する保護者(都内在住)は一般当日料金の半額(400円)。
    ※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名)は無料
    ※いずれも証明できるものをご持参ください。
    展覧会詳細 福田美蘭展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【利尻町立博物館】学芸員募集! [利尻町立博物館]
    北海道
    川崎市市民ミュージアム職員(総務)募集 [川崎市市民ミュージアム]
    神奈川県
    展覧会ランキング
    1
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    開催中[あと26日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと130日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと19日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと5日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    デ・キリコ展
    開催中[あと93日]
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)