IM
    レポート
    チェコの映画ポスター
    国立映画アーカイブ | 東京都
    「羅生門」は、喰いしばった歯?
    1993年にスロヴァキアと分離したチェコ。それまでのチェコスロヴァキアは社会主義体制でしたが、1960年代には多くの優れた映画ポスターが作られていたことは、あまり知られていません。独創性あふれるチェコの映画ポスター82点を紹介する展覧会が、東京国立近代美術館フィルムセンターで開催中です。
    展覧会メインビジュアルになっている左のポスターは「やさしい女」
    第1章「チェコスロヴァキア映画のポスター」
    第2章「日本映画のポスター」。右上の「ゴジラ」は、原子核を思わせるイメージ
    中央の「羅生門」は、血の滴+喰いしばった歯+崩れかけた羅生門
    左と右は、ミラン・グリガルによるポスター。アパレルか化粧品の広告のよう
    上段左から二つ目は、カレル・タイスィクによるポスター。
    左はズデニェク・ツィーグレルによる「フラッシュダンス」。タイポグラフィが印象的
    右下はアメコミ風の「バーバレラ」
    会場入口
    クリエイティブの分野では、絵本や人形劇、アニメーションなどで知られるチェコ。映画も1965年と1967年にチェコスロヴァキア作品がアカデミー賞(外国語映画部門)を受賞するなど、国際的にも高い評価を得ています。60年代のチェコは、創造的な活動が比較的自由になっていた時代。その風を受けるように、映画ポスターにも数々の名作が生まれました。

    会場に展示されているポスターは、私たちがイメージする映画ポスターとはだいぶ印象が異なります。ポスターを手掛ける作家は、映画から受けた印象を自分なりに解釈して表現。宣伝ツールではなく、あたかも芸術作品のような趣です。


    第1章「チェコスロヴァキア映画のポスター」

    会場には日本映画のポスターも紹介されていますが、ここでも私たちが知っている作品の印象とは大きく異なります。

    赤い背景に眼を大きくレイアウトしたポスターは、黒澤明「天国と地獄」。日の丸をイメージさせるデザインは、市川崑「東京オリンピック」。黒澤明「羅生門」は、なぜか喰いしばった歯のデザイン。隣の新藤兼人「鬼婆」は、チェコで最もヒットした日本映画です。


    第2章「日本映画のポスター」

    展覧会の後半は、世界各国の映画ポスター。アパレルか化粧品の広告のようなポスターは、ミラン・グリガル。モンタージュを巧みに用いた、カレル・タイスィク。個性的なタイポグラフィの使い手であるズデニェク・ツィーグレルなど、大胆なデザインが光ります。

    自由な表現が認められていた時代も、1968年の「チェコ事件」により大きく後退します。「正常化」の名のもとに政治的な圧力は強くなりましたが、斬新な表現は強かに維持されました。ターミネーターやフラッシュダンスなど80年代の映画ポスターにもその流れが息づいています。


    第3章「世界各国の映画のポスター」

    フィルムセンターは空調工事のため10月30日まで大ホール・小ホールでの上映は休止していますが、展覧会だけでも見ごたえ十分。特にグラフィックデザインに興味がある方は必見です。

    なお本展は、2014年3月21日(金・祝)~5月11日(日)、京都国立近代美術館に巡回します。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年8月29日 ]


     
    会場
    国立映画アーカイブ
    会期
    2013年8月28日(水)~12月1日(日)
    開館時間
    ◆長瀬記念ホール OZU・小ホール
    <開映時間>
    作品によって開映時間が異なります。
    詳細はHP、またはハローダイヤルにお問い合わせ下さい。

    ◆展示室11:00~18:30(入場は18:00まで)
    ※毎月末の金曜日のみ11:00~20:00(入場は19:30まで)
    ◆図書室12:30~18:30(入室は18:00まで)
    ◆上映ホール・展示室-月曜日、上映準備期間、
     展示替期間、年末年始
    ◆図書室-上記に加え、日曜日
    住所 東京都中央区京橋3-7-6
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.momat.go.jp/FC/fc.html
    料金
    一般 200(100)円/大学生・シニア 70(40)円/高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、MOMATパスポートをお持ちの方、キャンパスメンバーズは無料

    *料金は常設の「NFCコレクションでみる 日本映画の歴史」の入場料を含みます。
    *( )内は20名以上の団体料金です。
    ※学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
    ※フィルムセンターの上映企画をご覧になった方は当日に限り、半券のご提示により団体料金が適用されます。
    展示会詳細 チェコの映画ポスター 詳細情報
    展覧会ランキング
    安城市歴史博物館 | 愛知県
    終戦75周年記念特別展「戦争に行くということ」
    開催まであと15日
    2020年7月18日(土)〜9月13日(日)
    北一ヴェネツィア美術館 | 北海道
    ヴィットリオ・コスタンティーニの世界
    開催中[あと66日]
    2020年6月20日(土)〜9月7日(月)
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催まであと134日
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    連載完結記念 約束のネバーランド展
    開催まであと161日
    2020年12月11日(金)〜2021年1月11日(月)
    大府市歴史民俗資料館 | 愛知県
    企画展【紙芝居でめぐるおおぶの民話】
    開催中[あと93日]
    2020年6月20日(土)〜10月4日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    東京都写真美術館 | 東京都
    森山大道の東京 ongoing
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    神田日勝 大地への筆触
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    兵庫県立美術館西宮分館会計年度任用職員(県政推進員) [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    子供向け体験型施設のマネージャー・ディレクター募集(株式会社 丹青社) [横浜市みなとみらい地区]
    神奈川県
    独立行政法人日本スポーツ振興センタ ー [独立行政法人日本スポーツ振興センタ ー秩父宮記念スポーツ博物館・図書館]
    東京都
    令和2年度かほく市職員(石川県西田幾多郎記念哲学館学芸員)採用候補者試験案内 [石川県西田幾多郎記念哲学館]
    石川県