IM
    レポート
    恐竜博2016
    国立科学博物館 | 東京都
    史上最大の肉食恐竜、日本初上陸
    自然史系の博物館では、定番人気コンテンツといえる恐竜展。今年はこの時期に国立科学博物館で開催中です。人気ナンバーワンのティラノサウルスと対峙するのは、史上最大の肉食恐竜スピノサウルス。最新研究に基づいた復元骨格が日本初上陸です。
    スピノサウルス(奥)とティラノサウルスが対峙する展示室
    《アシリサウルスの全身骨格》
    《チレサウルスの全身骨格(産状)》
    《カマラサウルスの全身骨格(亜成体)》
    (左から)《イーの全身骨格(石板長)》 / 《エピデキシプテリクスの全身骨格(石板長)》
    (左から)《ティラノサウルス(前上顎骨歯)》 / 《ティラノサウルス(上顎骨歯)》 / 《スピノサウルス(歯)》
    《カスモサウルスの全身骨格(幼体)》
    (左から)《クリンダドロメウスの生体復元》 / 《クリンダドロメウスの全身骨格》
    「プレパレーション(化石クリーニング)」作業の実演も
    約6600万年前に絶滅した恐竜。恐竜の研究もすでに150年以上前から行われていますが、研究が進むに連れてさまざまな事象が判明しており、これまでの常識が覆される事も珍しくありません。

    展覧会は「起源」「植物食」「飛翔」「水中進出」「赤ちゃん」「恒温」「鳴き声」の7つのキーワードで構成。最新の調査に基づいた研究結果も含めて紹介されます。

    チレサウルスは2014年に報告された新種の恐竜。すり減った歯から植物食の恐竜と考えられますが、これも「初期の獣脚類はすべて肉食」という従来の常識を覆す事例です。


    会場は「起源」「植物食」「飛翔」と続きます

    お待ちかねのスピノサウルスは、続く「水中進出」に登場します。

    全長約15mと大型バスよりずっと大きく、背中にある帆のような突起が特徴。人気者のティラノサウルスと対峙するように展示されています(実際の両者は生息地も時代も違うため、対決する事はありえません)。

    スピノサウルスは戦前の1912年にドイツの学者が発見しましたが、大戦中の連合軍による空襲で標本が焼失。「幻の恐竜」とされていましたが、2008年に新たな化石が見つかった事で、ようやく研究が進み始めました。

    骨格から肉食恐竜としては珍しく四足歩行していたとみられるスピノサウルス。骨密度の高さから水中生活の可能性も指摘されており、今後の研究も待たれます。


    「水中進出」でスピノサウルスとティラノサウルスが対峙

    巨大恐竜に続いて、可愛らしい?恐竜の赤ちゃんの化石も展示されています。

    こどもの骨は小さくて薄いため、良い化石として残りにくいのですが、本展ではカスモサウルスとパラサウロロフスの赤ちゃんの化石が初来日しました。

    ともに推定1歳未満。カスモサウルスは頭部のフリル、パラサウロロフスは後頭部の突起が特徴的な恐竜。大人の標本と合わせて展示されていますが、赤ちゃん恐竜も、小さいながらも特徴が化石からも見る事ができます。


    「赤ちゃん」

    第2会場では、採集した岩石から化石を取り出す「プレパレーション」(化石クリーニング)作業の実演も実施されています。

    30年以上にわたり第一線で化石発掘やクリーニングをおこなっているクライヴ・コイ(Clive Coy)さんが、2014年にカナダ・アルバータ州で見つかった白亜紀の小型獣脚類サウロルニトレステスのクリーニング作業を実演(日にちによっては別の担当者による化石クリーニングとなります)。

    見学した時に行われていたのは、スコープを覗きながらの精密な作業で、まるで最新の外科手術のよう。実演は期間が決まっていますので、公式サイトでご確認ください。


    慎重に進められるプレパレーション(化石クリーニング)

    恐竜展=夏休み、と思っている方も多いようですが、本展は6月12日(日)まで(夏の科博は「海のハンター展」)です。お間違えのないように。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年3月7日 ]

    DVD付 新版 恐竜DVD付 新版 恐竜

    冨田 幸光 (著, 監修)

    小学館
    ¥ 2,160

    料金一般当日:1,600
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon


    ■恐竜博2016 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2016年3月9日(水)~6月12日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:00~17:00(入館は16:30まで)
    ※当面の間、常設展示の夜間開館(金曜日・土曜日 17:00~20:00)は休止いたします。
    休館日
    毎週月曜日、3月22日(火) ※3月21日(月)、3月28日(月)、4月4日(月)、5月2日(月)、6月6日(月)、は開館
    住所
    東京都台東区上野公園7-20
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.dino2016.jp/
    料金
    一般・大学生 1,600(1,400)円/小・中・高校生 600(500)円/金曜限定 ペア特ナイト券 2名様1組 2,000円
    ※常設展もご覧いただけます
    ※未就学児無料 
    ※()内は20名以上の団体料金
    展覧会詳細 恐竜博2016 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    愛知県埋蔵文化財センター任期付職員の募集 [愛知県埋蔵文化財センター ※注 発掘調査現場での詰所が勤務場所となる場合があります。]
    愛知県
    海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 運営マネージャー 募集! [呉市宝町5-32(海上自衛隊呉史料館)]
    広島県
    大阪府立博物館(近つ飛鳥博物館・弥生文化博物館)の 学芸員募集 [大阪府立近つ飛鳥博物館 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと34日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと34日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    3
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと6日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)