IM
    レポート
    日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    火山灰に埋まった、奇跡の壁画
    南イタリア、ナポリ近郊にあったポンペイ。紀元後79年に起こったヴェスヴィオ山の噴火によって町は埋没し、火山灰と火砕流の下で永い眠りにつきました。2000年近く前に描かれた貴重な壁画を紹介する展覧会が、森アーツセンターギャラリーで開催中です。
    (左から)《テセウスのミノタウロス退治》 / 《赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス》 / 《ケイロンによるアキレウスの教育》 いずれもナポリ国立考古学博物館蔵
    《赤い建築を描いた壁面装飾》ボスコレアーレ、ポンペイ監督局蔵
    (左から)《黄色いアエディクラのある建築》 / 《仮面とタンバリンのある壁面》 / 《閉じた木戸のある建築》 いずれもボスコレアーレ、ポンペイ監督局蔵
    (左から)《コブラとアオサギ》 / 《犬のシュンクレトゥス》 ともにナポリ国立考古学博物館蔵
    《カルミアーノ農園別荘、トリクリニウム》(南壁と西壁)カステッランマーレ・ディ・スタビア、ポンペイ監督局蔵
    (右)《アレクサンドロス大王とスタテイラ》ポンペイ、ポンペイ監督局蔵
    (左から)《ダナエとペルセウスのセリフォス島漂着》 / 《セレネとエンデュミオン》 ともにナポリ国立考古学博物館蔵
    《ディオニュソスとアリアドネ》ポンペイ、ポンペイ監督局蔵
    (左から)《踊るマイナス》 / 《イシス女神官のヘルマ柱》 ともにナポリ国立考古学博物館蔵
    1748年から発掘が続くポンペイ。250年に及ぶ調査で約8割が発掘され、多くの資料が出土しています。

    今回の展覧会は壁画が主役。ポンペイとその周辺で見つかった壁画を、絵画的な要素に焦点をあてて紹介していきます。

    会場に入ると、壁画の大きさと鮮やかさにビックリ。一昼夜降り続いた火山灰と、その後に押し寄せた火砕流は多くの人の命を奪いましたが、皮肉にも壁画は長期に渡って美しい姿が保たれる事となりました。


    第1章「建築と風景」

    会場は描かれたテーマごとの4章構成。第2章「日常の生活」では、見つかった建物の1室がそのまま移転してきました。

    建物は葡萄酒を製造していた農園別荘で、大きな居室はトリクリニウム(食堂)です。

    ローマ貴族の所領における農業生産の拠点だったこの建物に相応しく、それぞれの壁面には葡萄酒の神・ディオニュソスに関連する主題が描かれています。


    第2章「日常の生活」

    ポンペイの壁画には、神話画もしばしば登場します。

    ポンペイはイタリアの都市ですが、描かれる神話はほとんどがギリシャ神話。当時のローマ人は、教養としてギリシャ文化を学んでいました。

    展覧会のメインビジュアルは、ポンペイ北西のエルコラーノで1739年に見つかったアウグステウム(通称「バシリカ」、皇帝崇拝の場)の壁画。発掘者は巧みな描写に驚愕し「神のごときラファエッロ」の作品になぞらえて讃えました。


    第3章「神話」

    最後の第4章は「神々と信仰」。古代ローマで祀られた神々を描いた壁画です。

    ポンペイの守護神はウェヌス(ヴィーナス)ですが、前述のディオニュソスとともに祀られる事もあるなど、地域性によって表現に差異が見られます。ギリシャ神話との集合も進んでいます。


    第4章「神々と信仰」

    ポンペイが埋まったのは紀元後79年ですから、キトラ古墳や高松塚古墳(ともに7-8世紀)よりずっと前。これほど鮮明な壁画が残っているのは不思議に思えるほどです。

    気鋭の美術史家3名によるギャラリートークの開催も決定、ペアでお得なナイト券も5月30日(月)までの期間限定で発売中です。どちらも公式サイトをご確認ください。

    2006年(Bunkamuraザ・ミュージアムなど)、2001年(江戸東京博物館など)、1997年(横浜美術館など)と、過去に何度か開かれているポンペイ展ですが、まさに決定版といえる豪華展です。東京展の後は名古屋、兵庫、山口、福岡(予定)に巡回、日程はこちらです

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年4月28日 ]

    古代ポンペイの日常生活古代ポンペイの日常生活

    本村 凌二 (著)

    講談社
     

    料金一般当日:1,600円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon


    ■ポンペイの壁画展 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2016年4月29日(金)~7月3日(日)
    会期終了
    開館時間
    ※展覧会によって異なります。
    休館日
    会期中無休
    住所
    東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.tokyo-np.co.jp/pompei/
    料金
    一般 1,600(1,400)円/高校・大学生 1,300(1,100)円/小・中学生 600(400)円
    ※()内は20名以上の団体料金及び前売り料金
    展覧会詳細 日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
    東京都
    国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと83日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと71日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと71日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    お札と切手の博物館 | 東京都
    お札を創る工芸官の伝統技
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年6月11日(火)〜7月15日(月)