IM
    レポート
    江戸と北京-18世紀の都市と暮らし-
    【2025年度中まで全館休館予定】東京都江戸東京博物館 | 東京都
    東アジアのふたつの大都市
    18世紀には人口が100万人を超え、世界有数(最大という説も)の大都市だった江戸。同じころ、隣国の清朝でも北京が首都として繁栄を極めていました。東アジアのふたつの大都市に焦点をあて、文化や生活を比較して紹介する展覧会が、江戸東京博物館で開催中です。
    《「乾隆八旬万寿慶典図巻」(下巻)》1797年(嘉慶2) 中国・故宮博物院
    《熈代勝覧(日本橋繁盛絵巻)》1805年(文化2)頃 ベルリン国立アジア美術館
    (左から)《幌子(算盤店)》明治期 国文学研究資料館 / 《権門駕籠》江戸末期 江戸東京博物館 / 《定斎屋の薬箱》大正-昭和期 江戸東京博物館
    《万寿盛典(康煕六旬万寿盛典図)》王原祁、冷枚ほか・画、朱圭・彫 1717年 首都博物館
    第2章「江戸・北京の都市生活」
    (手前左から)《金鏨蓮花紋金指甲套(金製爪カバー)》清 / 《盆底鞋(満州族の女性靴)》清 / (奥)《女性婚服(婚礼服)》民国 すべて首都博物館
    (壁側 左から)《鶉会之図屛風》18世紀後半 / 《勧進大相撲土俵入之図》歌川国貞(初代)画 弘化年間(1844-48年) / 《芝居大繁昌之図》歌川豊国・画 1815-42年(文化12-天保13) すべて江戸東京博物館
    (左から)《山水図軸》王翬・画 康煕年間(1662-1722年) / 《渓山雪霽図軸》李世倬・画 清 / 《墨筆花鳥図軸》朱耷(八大山人)・画 清 すべて首都博物館
    《青花御窯廠図瓷板》道光年間(1821-50年) 首都博物館
    家康が征夷大将軍となり、江戸に幕府を開いたのが1603年。明を倒した李自成を討ち、清が都を北京と定めたのが1664年。両国の体制が固まり、東アジア全体が安定期に入ったのが18世紀でした。

    展覧会は18世紀を中心に、江戸と北京の姿を紹介するもの。まずは両都市の城郭と治世です。

    江戸は鎌倉時代からありますが、本格的に都市開発が進んだのは家康の時代になってから。逆に北京は、1153年に金帝国が中都(燕京、現在の北京)を首都と定め、1406年には紫禁城の建設が始まった古い都市です。

    将軍の装束として展示されているのは羽織や太刀など。清の皇帝が着用する明黄の礼服は即位などで用いろ最高位の装束です。


    第1章「江戸・北京の城郭と治世」

    続いて、両都市の都市生活について。

    1790年に北京で行われた乾隆帝80歳の式典を描いた《乾隆八旬万寿慶典図巻》は、中国国外で展示されるのは初めて。沿道にはさまざまな飾り物もあり、活気あふれる街の様子が伺えます。

    一方の《熈代勝覧》は、1805年頃の江戸の姿。神田今川橋から日本橋まで、多くの店舗と人びとで賑わうメインストリートが描かれました。こちらはベルリン国立アジア美術館蔵、日本での公開は11年ぶりです。

    さらに市民の暮らしを「住まう」「商う」などのテーマに分けて、実物を展示。比べてみると、やはり北京の方が色合いが派手に思えます。

    傑作なのが「学ぶ」で展示されている、科挙受験のカンニングペーパー。官僚採用試験である科挙の熾烈さは有名ですが、昔も今も考える事は同じ。驚きの小さな文字でびっしりと書いたこの小さな巻物を隠して、試験に臨んだのでしょうか。結果が気になるところです。


    第2章「江戸・北京の都市生活」

    会場最後には、清代北京の芸術も特集されています。清の最盛期は康熙帝・雍正帝・乾隆帝の時代。三皇帝とも学問や芸術文化を好み、出身である満州族の文化はもちろん漢・蒙古・チベット・ウイグルなど他の民族の芸術文化も融和させ、さらに西洋文化も受容し、芸術世界は大きく花開いていきました。

    印象的な大皿は《青花御窯廠図磁器板》。景徳鎮で作られたものですが、描かれた図柄も景徳鎮での磁器生産の風景。精緻な描写の素晴らしさだけでなく、清代景徳鎮の生産体制を知る上でも、貴重な資料です。


    第3章「清代北京の芸術文化」

    清朝の芸術文化を紹介する企画展はしばしば開催されてきましたが、同時代の北京と江戸を比較してみせるのは初めての試みです。巡回せずに、江戸東京博物館だけでの開催です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年2月17日 ]



    ■江戸と北京 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2017年2月18日(土)~4月9日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:30~17:30
    ※入館は閉館の30分前まで。
    休館日
    毎週月曜日 (ただし、2017年3月20日(月・祝)は開館、翌21日(火)は休館)
    住所
    東京都墨田区横網1-4-1
    電話 03-3626-9974(代表)
    公式サイト http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
    料金
    一般 1,400円/大学生・専門学校生 1,120円/小学生・中学生・高校生・65歳以上 700円
    展覧会詳細 江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    すみだ北斎美術館 経理・総務スタッフ 募集! [墨田区亀沢2-7-2(すみだ北斎美術館)]
    東京都
    国立歴史民俗博物館一般職員 募集中! [国立歴史民俗博物館]
    千葉県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと135日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと24日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと17日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと17日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)