江戸の茶の湯 ー 川上不白 生誕三百年 ー

大名も魅了した、不白の千家茶道

江戸で千家流の茶の湯を広めた茶人、川上不白(1719-1807)。今年でちょうど生誕300年を迎えます。師弟関係、好みの道具、自作の書画、そして近代数寄者への影響まで、不白の茶の湯を幅広く紹介する展覧会が、根津美術館で開催中です。

  • (左奥)《赤樂瓢形茶入》川上不白作 江戸時代・18世紀 / (右手前)《赤樂茶碗 銘 只》川上不白作 江戸時代・18世紀 ともに個人蔵
  • (左から)《如心斎像》山内惟長筆・川上不白賛 江戸時代・18世紀 江戸千家 川上宗雪氏蔵 / 《不白道号「孤峰」》大龍宗丈筆 江戸時代・18世紀 江戸千家 川上宗雪氏蔵
  • (左壁面)《七事式之偈頌》川上不白筆 江戸時代 18世紀 江戸千家 川上不白氏蔵 / (右手前)《呂宋壺 銘 大黒》福建省系 中国・明時代 16~17世紀 個人蔵[展示期間:11/16、11/19~12/23]
  • (左奥)《塩壺茶器》江戸時代 18世紀 / (右前)《菊蒔絵棗》江戸時代 18世紀 ともに個人蔵
  • (左奥から)《染付丸紋水指》辻常陸作 江戸時代 享和年間(1801-04) 江戸千家 川上不白氏蔵 / 《難波屋松平釜》江戸時代 18世紀 個人蔵
  • (左奥から)《糸瓜図》中村芳中筆・川上不白賛 江戸時代 寛政12年(1800)個人蔵 / 《鹿図》中村芳中筆・川上不白賛 江戸時代 享和2年(1802) 江戸千家 川上宗雪氏蔵 / 《鶏図》高嵩谷筆・川上不白賛 江戸時代 寛政11年(1799) 江戸千家 川上宗雪氏蔵
  • (左から)《六歌仙図》川上不白筆 江戸時代 18~19世紀 個人蔵 前期展示 / 《箒図》川上不白筆 江戸時代 寛政12年(1800) 個人蔵[ともに展示期間:11/16~12/1]
  • (左奥から)《図録》蓮心川上宗順筆 明治時代・19世紀 個人蔵 / 《堅手茶碗 銘 有来》高麗茶碗 朝鮮・朝鮮時代 16世紀 個人蔵
  • (手前)《矢筈口水指 銘 黙雷》備前 日本・桃山~江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

現在の和歌山県に生まれた川上不白。江戸での仕官の後に、京に上って如心斎天然宗左(1705-51)に入門し、茶人・不白として歩み始めました。

展覧会は、まず如心斎の紹介から。表千家六代の長男として生まれた如心斎は、26歳で七代家元を継承。江戸中期の茶道人口の広がりを受け、稽古や門弟の制度を整えるなど、現在まで続く家元制度を確立しました。千家茶道の中興の祖といえる存在です。

不白は16歳で如心斎に入門しました。早くから師の信頼を得て、活動をサポート。利休以来の茶の湯の系譜である事を証明する「茶湯正脈」を27歳で授けられています。

不白の活躍を物語るエピソードが「利休遺偈(ゆいげ)」。利休が割腹の間際に遺した辞世の書である利休遺偈は、当時は千家を離れており、如心斎は取り戻す事を切望していました。

利休遺偈を蔵していたのは、江戸の材木商・冬木家。不白は何度も交渉を重ねた末、ついに利休遺偈の入手に成功。その功績により、如心斎からは茶碗が贈られています。



江戸と京を行き来するように活動していた不白は、師・如心斎が没した1755年(宝暦5)年頃からは、江戸に落ち着きます。

それまでの江戸では、徳川幕府と結びついた石州流が主力でしたが、不白は京都の茶の湯である、千家茶道の普及を図ります。

皇族で「上野の宮様」と崇拝された輪王寺宮をはじめ、盛岡藩(南部氏)、長州藩(毛利氏)、土佐藩(山内氏)など大藩の大名にも千家茶道を指南した不白。その名声は高まり、爆発的に門人を増やす事に成功しました。

その勢力を示しているのが、江戸の茶人を番付にした《東都茶人大相撲》。東西の大関をはじめ、番付上位に不白流が並んでいます。

不白は茶碗や茶杓などを自作しています。展覧会メインビジュアルの《赤楽茶碗 銘 只》は、その名の通り「只」の文字が大きく記された茶碗。不白は「只」を好み、何度も揮毫しています。

展示室2には、不白の書画も紹介されています。中村芳中の作品に多く賛をしているほか、自画賛も芳中の影響が見てとれます。

会場最後は、不白が近代数寄者に与えた影響について。明治維新により茶道は一時衰退しますが、江戸に広まっていた不白流の人気は続きました。

不白流の流れからは、多くの近代数寄者が生まれています。根津美術館のコレクションの礎を築いた根津青山(初代 嘉一郎)もそのひとり。水差の底に、如心斎が「黙雷」(不白の菴号)と朱書きした《矢筈口水差 銘 黙雷》は、根津青山が大正時代に手に入れたものです。

昨年に引き続き、五島美術館、三井記念美術館と共同で「秋の三館 美をめぐる」キャンペーンも開催中。3つの展覧会を制覇すると、1館の次回展が無料になるという、なかなか太っ腹な企画です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年11月15日 ]

※前期(11/16~12/1)・後期(12/3~12/23)で展示替えがあります。

川上不白茶会記集川上不白茶会記集

川上宗雪(監修)、谷晃(編集)

中央公論新社
¥ 14,300

 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2019年11月16日(土)~12月23日(月)