《銅版刷り磁器小杯》

このキャラの応援メッセージを見る

銅版刷り磁器小杯柳川市矢加部町屋敷遺跡出土

九州歴史資料館

明治後期から大正時代のもので、宝尽文の間に青首大根を狙ったネズミが2匹描かれています。作者名と思われる人名と所在地が書かれていることから、土岐産とわかります。

担当者からのコメント:矢加部町屋敷遺跡は柳川市の街道沿いの町屋跡で、ほかにも土人形のネズミが2点出土しています。家人が鼠年なのか、ネズミを好んだのかわかりませんが、ネズミが描かれたものを選んで購入したものでしょう。銅版刷りなのでネズミがリアルに描かれており、大根にかぶりつく方のネズミが悪そうな顔に描かれています。
なぜ、宝文とネズミ一緒に描かれるモチーフは何か由来があるのか、職人らしい人物についてご存知の方がいたらご教授ください。

このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。

展覧会ランキング
1
三菱一号館美術館 | 東京都
イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
開催まであと21日
2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
2
PLAY! MUSEUM | 東京都
「ぐりとぐら しあわせの本」展
開催中[あと184日]
2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
3
国立科学博物館 | 東京都
大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
開催まであと20日
2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
4
東京都美術館 | 東京都
ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
開催中[あと79日]
2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
5
東京国立博物館 | 東京都
イスラーム王朝とムスリムの世界 
開催中[あと149日]
2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
おすすめレポート
学芸員募集
国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
愛知県
国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
愛知県
目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
東京都
国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
愛知県
狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
埼玉県

「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


ミュージアム キャラクター アワード

ミュージアム 干支コレクション アワード