《黄道十二宮》

この作品の応援メッセージを見る


黄道十二宮

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)


19世紀末、アール・ヌーヴォーの代表的芸術家であるアルフォンス・ミュシャの有名なリトグラフ作品です。

黄道とは、太陽1年で1周する天球上の道、十二宮とは、その軌道上の12の星座のことです。

当初カレンダーとして制作されると人気となり、室内を飾るためのポスター「装飾パネル」として転用されたのが本作です。背景には12星座のモチーフが描かれており、女性の顎の先にあるのが「牡牛座」です。


担当者からのコメント

日本の暦の12の干支に対し、西洋の暦の12星座。自分の生まれ年の干支や生まれた日の星座でその人の性格や運勢を占うなど、日本人にとってはどちらも馴染み深いですよね。

この両方に「牛」が登場し、その登場順がどちらも2番目、そして十二支の牛は天神の使いとして、12星座の牡牛はゼウスが姿を変えた動物としてそれぞれ神にちなんだ動物としても共通点があるのも興味深いです。

堺 アルフォンス・ミュシャ館では3月13日から暦をテーマにした展覧会を開催予定です。

《黄道十二宮》も出品予定ですのでお楽しみに!3月8日までは「ミュシャとアメリカ」展を開催中です。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
(公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
東京都
荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
【東京国立博物館】列品管理課貸与特別観覧室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
東京都
【東京国立博物館内】国立文化財機構総務課企画課(共済担当) 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと134日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
2
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと23日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
3
森アーツセンターギャラリー | 東京都
MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
もうすぐ終了[あと9日]
2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
4
SOMPO美術館 | 東京都
北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
開催中[あと16日]
2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
5
静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
開催中[あと16日]
2024年4月13日(土)〜6月9日(日)