《御殿づくりの雛飾り》

このキャラの応援メッセージを見る


御殿づくりの雛飾り 1900年代(明治から大正にかけて)、愛知県尾張地方

箱根ドールハウス美術館


当館に所蔵されている「御殿づくりの雛飾り」は、時代をさかのぼると東北や尾張地方の富裕層に広がった。御殿飾りは、京の御所・紫宸殿(ししんでん)を模した「御殿」に天皇皇后を模した内裏雛のお人形を飾ったもの。たくさんの人形や道具を飾るために段飾りが流行した関東に対し、京都の御所での生活を華やかに細かく再現した関西版の雛人形が「御殿飾り」だったといえる。明治・大正までは京阪神で一般的だった御殿づくりだったが、昭和30年代後半に姿を消してしまった。御殿自体が大きく複雑で、収納も不便で組み立てにくいことが理由だったようである。

このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
多治見市モザイクタイルミュージアム 学芸員募集 [多治見市モザイクタイルミュージアム]
岐阜県
小泉八雲記念館 学芸員募集中! [小泉八雲記念館]
島根県
ベネッセアートサイト直島 福武財団 シニアアートコーディネーター募集 [ベネッセアートサイト直島]
香川県
焼津小泉八雲記念館 学芸員募集(会計年度任用職員) [焼津小泉八雲記念館]
静岡県
春日井市道風記念館で学芸員を募集します。 [春日井市道風記念館]
愛知県
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと62日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
国立西洋美術館 | 東京都
憧憬の地 ブルターニュ ― モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷
開催中[あと76日]
2023年3月18日(土)〜6月11日(日)
3
国立新美術館 | 東京都
ルーヴル美術館展 愛を描く
開催中[あと77日]
2023年3月1日(水)〜6月12日(月)
4
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
もうすぐ終了[あと13日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
5
東京国立博物館 | 東京都
博物館でお花見を
もうすぐ終了[あと13日]
2023年3月14日(火)〜4月9日(日)