《庭にいたうさぎ》 

このキャラの応援メッセージを見る

《庭にいたうさぎ》 谷内六郎 昭和42(1967)年3月4日号
©Michiko Taniuchi

横須賀美術館


谷内六郎《庭にいたうさぎ》は、『週刊新潮』昭和42年(1967)年3月4日号表紙絵として描かれました。
谷内は、「縁先のガラス戸を開けるとうさぎがいた、白い雪をかむった下駄がゆうべのうちからうさぎになっていた。(中略)もう何年か前ぼくは奥日光の雪の雑木林で白い雪をかむった草履を見たのです、それが月日がたつにつれて草履のウサギが飛んでいたような記憶になってしまい、雪の中でたしかにうさぎをみたさっかくをおこします。」
と「表紙の言葉」に書いています。
谷内ならではの視点をとおして、冬景色の「うさぎ」をぜひご覧ください。


担当者からのコメント

谷内六郎(1921-81)は家族と共にたびたび横須賀を訪れ、1975年には観音崎公園にほど近い場所にアトリエを構えました。そうした縁から、1998年に遺族から『週刊新潮』の表紙原画約1300点をはじめとする膨大な数の作品や関連資料が寄贈されました。
当館では年4回開催するテーマ展示を通じ、谷内六郎の作品をさまざまな視点から紹介しています。
目の前には東京湾が広がる三浦半島屈指のロケーションに立地する、海沿いの美術館で、昭和のノスタルジックな雰囲気に癒される谷内六郎作品を、ぜひご覧ください。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
高知県
さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
埼玉県
会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
山形県
岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
岐阜県
【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
東京都
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと120日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
出光美術館 | 東京都
江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
開催中[あと15日]
2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
3
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
開催中[あと71日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
4
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
もうすぐ終了[あと8日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
5
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと22日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)