《庭にいたうさぎ》 

この作品の応援メッセージを見る

《庭にいたうさぎ》 谷内六郎 昭和42(1967)年3月4日号
©Michiko Taniuchi

横須賀美術館


谷内六郎《庭にいたうさぎ》は、『週刊新潮』昭和42年(1967)年3月4日号表紙絵として描かれました。
谷内は、「縁先のガラス戸を開けるとうさぎがいた、白い雪をかむった下駄がゆうべのうちからうさぎになっていた。(中略)もう何年か前ぼくは奥日光の雪の雑木林で白い雪をかむった草履を見たのです、それが月日がたつにつれて草履のウサギが飛んでいたような記憶になってしまい、雪の中でたしかにうさぎをみたさっかくをおこします。」
と「表紙の言葉」に書いています。
谷内ならではの視点をとおして、冬景色の「うさぎ」をぜひご覧ください。


担当者からのコメント

谷内六郎(1921-81)は家族と共にたびたび横須賀を訪れ、1975年には観音崎公園にほど近い場所にアトリエを構えました。そうした縁から、1998年に遺族から『週刊新潮』の表紙原画約1300点をはじめとする膨大な数の作品や関連資料が寄贈されました。
当館では年4回開催するテーマ展示を通じ、谷内六郎の作品をさまざまな視点から紹介しています。
目の前には東京湾が広がる三浦半島屈指のロケーションに立地する、海沿いの美術館で、昭和のノスタルジックな雰囲気に癒される谷内六郎作品を、ぜひご覧ください。


この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
(公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
東京都
荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
三条市歴史民俗産業資料館(月給)学芸員募集! [三条市歴史民俗産業資料館]
新潟県
町田市民文学館ことばらんど 学芸員・教育普及担当(会計年度任用職員)募集! [町田市民文学館ことばらんど]
東京都
展覧会ランキング
1
皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
第4期「三の丸尚蔵館の名品」
開催中[あと27日]
2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
2
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと131日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
3
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと20日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
4
森アーツセンターギャラリー | 東京都
MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
もうすぐ終了[あと6日]
2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
5
東京都美術館 | 東京都
デ・キリコ展
開催中[あと94日]
2024年4月27日(土)〜8月29日(木)