画家たちの自画像 藤田嗣治から草間彌生まで

    北九州市立美術館 分館 | 福岡県

    画家が自ら描く自分自身の姿――自画像は、まさに画家の分身ともいえる存在です。最も身近なモデルとして人体表現の研究に、あるいは、自己の内面を深く掘り下げる手段として、多くの画家たちが自画像を手掛けてきました。 ポーズや表情、服装や持ち物、背景などをどのようにするか。写実性を重視するのか、肖似性を捨ててデフォルメした表現を選択するのか。一口に自画像といっても描き方や演出方法はさまざまです。自画像には、それぞれの画家たちの心の内や制作の姿勢が色濃く表れています。 本展は、藤田嗣治、鴨居玲、梅原龍三郎など笠間日動美術館が所蔵する自画像に、今西中通、寺田政明、平野遼など北九州市立美術館が所蔵する自画像をまじえて、日本近代の洋画家たちが描いた多彩な自画像の世界をご紹介します。 また、草間彌生ら現代作家、キスリング、シャガールら海外作家も特別出品し、自画像を通して巨匠たちの新たな魅力に迫ります。
    会期
    2021年4月24日(土)〜6月6日(日)
    開催まであと3日
    開館時間
    10:00~18:00(入館は17:30まで)
    料金
    一般 1,000(800)円
    高大生 800(600)円
    小中生 600(400)円
    公式サイト https://www.kmma.jp/bunkan/
    会場
    北九州市立美術館 分館
    住所
    〒803-0812 福岡県北九州市小倉北区室町1-1-1 リバーウォーク北九州5階
    093-562-3215
    画家たちの自画像 藤田嗣治から草間彌生までに関連する特集
    島根県立石見美術館ではコロナで延期の「ファッション イン ジャパン 1945-2020」がいよいよ開幕。「コシノヒロコ展」は兵庫県立美術館。国際的に活躍したヴィデオ・アーティストの日本初個展「Viva Video! 久保田成子展」は新潟県立近代美術館で…

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 国宝 鳥獣戯画のすべて 
    開催中[あと39日]
    2021年4月13日(火)〜5月30日(日)
    2
    サンシャイン水族館 | 東京都
    ざんねんないきもの展2
    開催中[あと39日]
    2020年10月30日(金)〜2021年5月30日(日)
    3
    東京国立近代美術館 | 東京都
    あやしい絵展
    開催中[あと25日]
    2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
    4
    山王美術館 | 大阪府
    生誕180年 ルノワール展
    開催中[あと101日]
    2021年3月4日(木)〜7月31日(土)
    5
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都
    ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
    開催中[あと67日]
    2021年4月16日(金)〜6月27日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    体験没入型ミュージアム@六本木 運営&ショップマネージャー募集 [六本木ミュージアム]
    東京都
    釧路市立美術館 学芸員(会計年度任用職員)の募集 [釧路市立美術館]
    北海道
    能登川博物館 会計年度任用職員(フルタイム)募集 [東近江市能登川博物館]
    滋賀県
    【山梨県立科学館】運営マネージャー 募集 [山梨県立科学館]
    山梨県
    Bunkamura ザ・ミュージアム 展覧会業務  契約社員/パートタイマー募集 [Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷駅徒歩7分)]
    東京都

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード