奥谷博 無窮へ

    高知県立美術館 | 高知県

    本展は、高知県宿毛市出身の洋画家・奥谷博(1934~)の大規模回顧展です。奥谷は55年に東京芸術大学美術学部油画科に進学し、63年に同大学専攻科(油画)を修了。その後母校の助手となり壁画研究室の講義を担当するなかで、それまでの絵具を極端に厚塗りして描く作風から一転、透明色の効果を活かした薄塗りの技法を用いるようになりました。 67年には第1回文部省芸術家在外研修員として渡欧、以降数度にわたる海外研修を経て、緊密な構成力をもって鮮烈な色彩を画面内で対比させる独自の画風を確立します。高知における14年ぶりの大規模回顧展となる本展では、その長きにわたる画業を学術的な観点から紹介し、奥谷芸術を総覧します。
    会期
    2021年11月3日(水)〜2022年1月16日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
    公式サイト https://moak.jp/
    会場
    高知県立美術館
    住所
    〒781-8123 高知県高知市高須353-2
    088-866-8000
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
    北海道
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    兵庫県立美術館 学芸員(育休代替職員)募集中! [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    国立西洋美術館 事務職員(育児休業代替)募集 [国立西洋美術館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと102日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと33日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    3
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと90日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    4
    国立西洋美術館 | 東京都
    内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
    開催中[あと61日]
    2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
    5
    細見美術館 | 京都府
    美しい春画-北斎・歌麿、交歓の競艶-
    開催まであと74日
    2024年9月7日(土)〜11月24日(日)