江戸のやきもの

    サンリツ服部美術館 | 長野県

    動乱の戦国時代に終わりを告げ、 泰平の世とも呼ばれる江戸時代が到来。 およそ260年も続いたこの時代は経済的余裕が生まれ、 上層階級だけでなく庶民も文化の担い手となり、 娯楽や学問、 芸術が著しく発展していきました。 展覧会では、 江戸時代に深化を遂げた日本のやきもの文化を、 三つの特徴に着目してご紹介いたします。 まずーつ目に磁器の生産が開始されたことが挙げられます。 これにより九州を中心に高級品から日用品にいたるさまざまな製品が生産され、 さらには日本を代表する輸出品へと発展していきます。 二つ目は新しい絵付の技法が導入されたことです。 多色の顔料を用いて文様を描くことが可能となり、 洒脱な意匠のうつわが多く作られました。 三つ目は茶陶に注目します。 桃山時代の茶の湯では侘びた風情の道具が好まれましたが、 江戸時代には装飾性の高い道具や華やかな舶載の道具も取り入れられるようになります。 本展では、サンリツ服部美術館の所蔵品のなかから約40点の陶磁器を展示いたします。成熟した時代に育まれた日本のやきもの文化に触れる機会となりましたら幸いです。
    会期
    2021年7月11日(日)〜12月5日(日)
    開催中[あと72日]
    開館時間
    9:30~16:30
    料金
    大人1,000円 / 小中学生 400円
    休館日 祝日を除く月曜日(ただし7月12日は開館)
    公式サイト http://www.sunritz-hattori-museum.or.jp/
    会場
    サンリツ服部美術館
    住所
    〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り2-1-1
    0266-57-3311

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと21日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと184日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと20日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと79日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと149日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
    埼玉県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード