岡崎京子展 ─戦場のガールズ・ライフ

    世田谷文学館 | 東京都

    『pink』『リバーズ・エッジ』『ヘルタースケルター』などで知られ、1980~90年代を代表するマンガ家となった岡崎京子(1963~)の、初の大規模な展覧会を開催します。1996年、岡崎京子は不慮の事故により活動を休止しますが、その後も未刊作品の出版や復刊が相次ぎ、2012年には『ヘルタースケルター』が映画化されるなど、今も新たな読者を獲得し続けています。 女の子たちの夢や憧れを紡ぐ少女マンガとは対照的な、都市に生き る少女の日常、変容する家族像、高度資本主義下における女性の欲望や不安といった時代の現実を果敢に描き続けた岡崎京子。一人の少女=マンガ家が見つめた時代とその行方を、300点以上の原画をはじめ、学生時代のイラストやスケッチ、当時の掲載誌の数々、映画版『ヘルタースケルター』ほかの関連資料を通して見ていきます。
    会期
    2015年1月24日(土)〜3月31日(火)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(入館17:30まで)
    料金
    一般 800(640)円/高校・大学生、65歳以上 600(480)円/小・中学生 300(240)円/障害者手帳をお持ちの方 400(320)円
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※1月30日(金)は65歳以上無料
    ※障害者手帳をお持ちの方の介添者(1名まで)は無料
    休館日 月曜日休館
    公式サイト http://www.setabun.or.jp/index.html
    会場
    世田谷文学館
    住所
    〒157-0062 東京都世田谷区南烏山1-10-10
    03-5374-9111
    岡崎京子展 ─戦場のガールズ・ライフのレポート
    0
    休筆から約20年、伝説のマンガ家が初個展
    1980~90年代を代表するマンガ家、岡崎京子(1963~)。不慮の事故で20年近い休筆を余儀なくされた後も、解説本が何冊も刊行されるなど、多くの支持を集めています。注目の大規模回顧展が、岡崎さん出身地の世田谷で開催中です。
    会場
    会期
    2015年1月24日(土)~3月31日(火)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    多治見市モザイクタイルミュージアム 学芸員募集 [多治見市モザイクタイルミュージアム]
    岐阜県
    小泉八雲記念館 学芸員募集中! [小泉八雲記念館]
    島根県
    ベネッセアートサイト直島 福武財団 シニアアートコーディネーター募集 [ベネッセアートサイト直島]
    香川県
    春日井市道風記念館で学芸員を募集します。 [春日井市道風記念館]
    愛知県
    ふなばし三番瀬環境学習館 職員募集 [ふなばし三番瀬環境学習館]
    千葉県
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと63日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    国立新美術館 | 東京都
    ルーヴル美術館展 愛を描く
    開催中[あと78日]
    2023年3月1日(水)〜6月12日(月)
    3
    国立西洋美術館 | 東京都
    憧憬の地 ブルターニュ ― モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷
    開催中[あと77日]
    2023年3月18日(土)〜6月11日(日)
    4
    國學院大學博物館 | 東京都
    春の特別列品「土御門家がみた宇宙-江戸時代の天文観測」
    開催まであと6日
    2023年4月1日(土)〜5月14日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    もうすぐ終了[あと14日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)