インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  ミュシャ《スラヴ叙事詩》全20作が初来日へ

ニュース

ミュシャ《スラヴ叙事詩》全20作が初来日へ
(掲載日時:2016年09月07日)
ミュシャ《スラヴ叙事詩》全20作が初来日へ

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家のひとり、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)が晩年に描いた20点の油彩画《スラヴ叙事詩》が、チェコ国外で初めてまとめて公開される事となり、2016年9月7日(水)、都内で記者発表が行われた。

ミュシャは華やかなポスターなどを手がける一方で、故郷のチェコや自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマにした作品も数多く制作しており、《スラヴ叙事詩》は後者の代表作。1911年から17年間をかけて、およそ縦6メートル、横8メートルに及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた。

当時のチェコはオーストリア=ハンガリー帝国の一部であったが、それに抵抗する汎スラヴ主義運動も高まっており、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を描いた《スラヴ叙事詩》は、チェコの人々が自信を高め、チェコとスラヴの歴史に注目を集めるために制作された。

展覧会では、華やかな女性像を描いた装飾的なポスターやリトグラフ作品など、ミュシャの主要作品約100点もあわせて展示。音声ガイドは女優の壇れいさんが務める。

この日の記者発表では、《スラヴ叙事詩》の原寸大バナーも登場。紹介されたのは全20作の中では小さ目という「東ローマ皇帝として戴冠するセルビア皇帝ステファン・ドウシャン」だが、それでも405x480cm。天井近くまでバナーが広げられると驚きの声もあがっていた。

「ミュシャ展」は国立新美術館 企画展示室2Eで2017年3月8日(水)~6月5日(月)に開催。観覧料は当日券が一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 900円。前売りはそれぞれ200円引きで11月2日(水)から発売。2枚1組で2,300円の「ミュシャ展」ペア券は10月1日(土)~11月30日(水)に発売される。

国内での展示は国立新美術館のみで、巡回展は行われない。
 


この記事に関連した記事


取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
出光美術館「江戸絵画の文雅 ― 魅惑の18世紀」
江戸絵画の文雅
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社