インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  染付 ― 世界に花咲く青のうつわ

染付 ― 世界に花咲く青のうつわ

■時代を超えて、地域を超えて
【会期終了】 白地に藍青色で文様が描かれたやきもの、染付(そめつけ)。17世紀に日本に伝わり、現在も普段づかいのうつわで使われるなど、広く愛されている技法です。出光コレクションの染付を一堂に集め、さまざまな角度からその魅力を紹介する展覧会が、出光美術館で開催中です。
染付のルーツは中国ですが、展覧会は1世紀の東地中海のうつわから。藍色と白色ガラスによるマーブル模様、青色ガラスで作られた香油瓶など、青はオリエントで広く愛された色です。

中国では染付を「青花」と呼びます。宮廷用の窯、官窯があった景徳鎮で、元・明・清時代に最高峰の青花磁器が作られました。不思議な形の燭台《青花牡丹唐草文八角燭台》は、イスラム圏の金属製燭台がモデル。西アジア向けの輸出品が作られていた事がわかります。

景徳鎮の青花磁器には、興味深い作例も。《青花瓜文鉢》には色の滲みがみられますが、実はわざと滲んだように描いています。技術的に滲みが避けられなかった明時代の文様を、あえて清時代に再現する事で、歴史を受け継いでいる事を示しています。



中国の影響を受け、朝鮮やベトナムでも青花が生まれました。ただその表現は、原料(土やコバルト顔料)、風土、文化の違いにより、中国の青花とは違いが見られます。

日本の染付といえば、伊万里。江戸時代には浮世絵に描かれるなど庶民にも広まり、さまざまなかたちの染付がつくられました。《染付草花文樽形瓶》は、木製の樽のかたちを細部まで写しています。

染付の中には、青一色ではないものもあります。染付の青に濃緑と紅を加えた、鍋島藩窯の《色絵更紗文皿》は遠くで見ると、実際には使われていない紫色が浮かんでくるよう。まるでスーラの絵画のようです。

日本や中国で作られた染付は欧州へ輸出され、それらを写したうつわが現地でつくられるなど、欧州の陶磁器文化にも強い影響を与えています。

輸出向けの青花磁器の中には、奇妙な図柄も。《青花西洋人物文筒形花瓶》には、蝙蝠(こうもり)が描かれています。中国では吉祥の文様ですが、西洋では忌み嫌われている事を知らなかったのでしょうか。

会場の最後には、5点の皿が並びます。シリアが2点、イランが2点、そしてドイツの皿。時代も材質も異なりますが、同心円状の文様、青で描かれた植物と、共通性があります。現在は政治的・宗教的に分断されている地域ですが、同じようなうつわを愛している歴史があるのです。

展覧会の後には、美術館奥の「陶片室」の見学もお忘れなく。日本各地・アジア諸地域の古陶磁片が展示されている陶片室には、もちろん染付の陶片もあります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年1月30日 ]

日経おとなのOFF 2019年 1月号日経おとなのOFF 2019年 1月号

日本経済新聞社(編)

日経BP社
¥ 820

 
会場出光美術館
開催期間2019年1月12日(土)~3月24日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル9F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://idemitsu-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 染付 ― 世界に花咲く青のうつわ 詳細情報
取材レポート
東京藝術大学大学美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」'
応挙から京都画壇
太田記念美術館「生誕250年記念 歌川豊国
歌川豊国
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
エリアレポート 京都国立近代美術館「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」
[エリアレポート]
ドレス・コード?
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社