インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

■20年ぶりの大規模展
【会期終了】 フィンランドのモダニズムの父、アルヴァ・アアルト(1898-1976)。建築家として個人邸宅から公共建築まで手掛ける一方、家具や照明、ガラス器などのプロダクトデザインの分野でも活躍しました。日本では20年ぶりとなる大規模なアアルト展が、東京ステーションギャラリーで開催中です。
フィンランドを代表する建築家・デザイナーであるアルヴァ・アアルト。ユーロが導入されるまで使われてていた50フィンランド・マルッカ紙幣にも、その肖像が描かれていました。

展覧会は、ヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館の企画による国際巡回展。日本では実に20年ぶりとなる、アアルトの大回顧展です

アルヴァ・アアルトは1898年、フィンランド中西部のクオルタネ生まれ。ヘルシンキ工科大で建築を学びました。1924年に4歳年上の建築家アイノ・マルシオと結婚。アイノは生涯を通じて協働パートナーとなります。

活動の初期には、教会の設計競技の数多く応募。そのプランからは、新婚旅行で訪れたイタリアの影響が伺えます。

1933年に竣工したパイミオのサナトリウムは、代表作のひとつ。会場ではサナトリウムで用いられたベッドやキャビネットも展示。こちらもアアルトによるデザインです。



建築家として活動する一方、アアルトは家具や照明器具も手掛けています。家具においては、冷たいスチールの代わりに、温かみがある自然素材を多用。L字型の曲げ木の脚「L-レッグ」では特許を取得し、この技術で50を超える製品が生まれています。

アアルトはイッタラ社(当時はカルフラ=イッタラ)のガラス器もデザイン。中でも、ヘルシンキのレストランのためにデザインされた有機的なフォルムの《サヴォイ・ベース》は特に有名で、フィンランドデザインのアイコンといえる存在になりました。

会場後半には、数々の建築模型のほか、引き出し状の展示ケースで図面類も展示されています。実現しなかったプランもあり、パーレビ国王から依頼されたイラン・シラーズの美術館は、イスラム革命によって頓挫しています。

会場内で紹介されているアルヴァ・アアルト建築の写真は、ドイツの写真家アルミン・リンケが国際巡回展のために撮り下ろしたもの。自然と共存する美しい建築の姿が伝わります。展覧会は葉山(神奈川)、名古屋を経て東京展で3会場目。この後に青森県立美術館に巡回します。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年2月15日 ]

アルヴァ・アアルト:もうひとつの自然アルヴァ・アアルト:もうひとつの自然

和田菜穂子(編集)

国書刊行会
¥ 4,104

 
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2019年2月16日(土)~4月14日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
TEL : 03-3212-2485
HP : http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
展覧会詳細へ アルヴァ・アアルト もうひとつの自然 詳細情報
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社