インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  尊厳の芸術展

尊厳の芸術展

■抑圧の生活に見る、創作の原点
【会期終了】 開戦の色が濃くなった1942年、日系アメリカ人12万人が突然強制収容所に送られました。バラックの住宅、最低限の家具という厳しい環境の中で、ひっそりと作り出された美術工芸品や日用品を知る人は多くありません。
印象的な「尊厳の芸術」というタイトル。原題は「The Art of Gaman」(アート・オブ・ガマン)、米国で開かれた展覧会です。

米国での展覧会を企画したのは、日系3世のデルフィン・ヒラスナさんです。ヒラスナさんは母親の遺品から強制収容所で作られた木製の鳥型ブローチを見つけたことをきっかけに、同様の作品を集めて展覧会を開催。これは大きな反響を呼び、全米を巡回することとなりました。

評判を聞いたNHKは、2010年11月の「クローズアップ現代」で同展を紹介。放送後に日本での開催を求める声が多く寄せられ、今回の展覧会につながりました。


粗末な材料で作った「生活に必要なもの」

展覧会は「生活に必要なもの」「生活を彩るもの」「生活の記録」「故国の文化」の4章構成です。文句も言えない、我慢の中から生まれた品々。多くは芸術を学んだことがない人々によって作られたものです。

収容所の住宅は、粗末なバラック。最初は必要最低限の家具と食事しか保障されておらず、人々は乏しい材料と道具で机や椅子、籠、棚などを作りました。


杖、椅子、テーブル

強制収容所は徐々に整備され、作業所や教育施設なども整っていったものの、鉄条網の外に出ることは原則として許されず、人々は単調な生活を強いられていました。

そんな中で手作業でコツコツと作られたのが、置物や遊び道具など。展覧会のきっかけとなった鳥型ブローチもそのひとつです。豊かな想像力で、粗末な材料からも見事な作品を作り上げています。


木彫の数々

会場の終盤には仏壇も展示されています。収容者は、小さなものを除いて自宅の仏壇を持参することができませんでした。

シンタロウ・オオニシは、自ら丸太をくり抜いて仏壇を制作。扉も開閉できるこの本核的な仏壇に、彼の家族は朝夕、手を合わせていました。


第4章「故国の文化」

理不尽な収容生活から生まれた、ものを言わぬ作品群。厳しい環境の中でも誇りを忘れず、懸命に暮らしに向き合う熱い心が伝わってくるようです。

著名な作品を集めた大規模美術展とは対極の展覧会ですが、「人がものを作る」という活動の原点を感じることができる好企画。東京展の後に福島、仙台、沖縄、広島に巡回します。(取材:2012年11月6日)

The Art of Gaman: Arts and Crafts from the Japanese American Internment Camps 1942-1946

Delphine Hirasuna (著), Kit Hinrichs (デザイン), Terry Heffernan (写真)

Ten Speed Press
 

 
会場東京藝術大学大学美術館
開催期間2012年11月3日(土)~12月9日(日)
所在地 東京都台東区上野公園12-8
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0151561/index.html
展覧会詳細へ 尊厳の芸術展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」
M・デュシャン
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
山口県立美術館「没後400年 雲谷等顔展」
雲谷等顔展
東京国立博物館「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
京都 大報恩寺
京都国立博物館「特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」」
京のかたな
太田記念美術館「花魁ファッション」
花魁ファッション
国立新美術館「生誕110年 東山魁夷展」
東山魁夷展
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~」
「仏像の姿」
東京国立博物館「特別企画 斉白石」
斉白石
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
水戸芸術館現代美術ギャラリー「霧の抵抗 中谷芙二子」
[エリアレポート]
霧の抵抗
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
MIHO MUSEUM「百の手すさび 近代の茶筅と数寄者往来」
[エリアレポート]
百の手すさび
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕110年 東山魁夷展 フェルメール展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展
ムンク展―共鳴する魂の叫び フェルメール展 江戸絵画の文雅 ―魅惑の18世紀 国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 《萱草遊狗図》 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社