インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  魅惑のニッポン木版画

魅惑のニッポン木版画

■幕末から現代まで、木版画の歩み
【会期終了】 木の板に下書きをして、彫刻刀で彫り、絵の具を塗って紙を載せ、“ばれん”で摺る。学校の授業でもお馴染みの木版画は、日本人にとって馴染みが深い芸術表現のひとつです。幕末から現代まで、日本の木版画表現の歩みを辿る展覧会が、横浜美術館で開催中です。
「幕末・明治 生活を彩る木版画」からスタートする本展。時代順の4章構成です。

“日本の木版画”としてすぐに思い浮かぶのは、やはり浮世絵でしょう。絵師・彫師・摺師の協業で作られる浮世絵は、江戸時代の町人文化の繁栄とともに大きく発展しました。

浮世絵がそうであったように、かつて日本の木版画は、庶民にとって身近な存在でした。この章では団扇絵やカルタ、双六など、暮らしの中に息づいていた木版画も紹介されています。


第1章「幕末・明治 生活を彩る木版画」。冒頭の壁面には美しい千代紙が

第2章は「大正から昭和 ─ 木版画の復活」。維新後の西洋化で一時は衰退した日本の木版画ですが、大正時代から昭和初期にかけて再び注目を集めるようになります。

版の制作から印刷まで作家自身が手がける「創作版画」。長谷川潔や恩地孝四郎らは版画技法の中で自らの表現を追及し、芸術としての木版画を目指しました。

一方、伝統的な分業の手法を取りつつも、新しい時代に相応しい木版画として作られたのが「新版画」。巡回展で注目が高まっている“昭和の広重”こと川瀬巴水のほか、橋口五葉の美人画などが、多くの支持を集めました。


第2章「大正から昭和 ─ 木版画の復活」

版画は洋画や日本画に比べると一段低い芸術として扱われていた事もありましたが、海外で評価されたことを契機に飛躍の時を迎えます。第3章は「1950年代以降 ─ 国際的な舞台へ」です。

1951年に斎藤清がサンパウロ・ビエンナーレで日本人賞を受賞。棟方志功も1955年に同ビエンナーレで版画分年最優秀賞、翌年にはヴェネチア・ビエンナーレで国際版画大賞を受賞します。

大規模な国際展覧会で、その価値が認められた日本の木版画。国内でも公募展や展覧会が開催されるようになり、美術の枠組みの中でその地位は揺るぎないものとなりました。


第3章「1950年代以降 ─ 国際的な舞台へ」

第4章は「現代 ─ 新たな木版画の表現へ」。ここでは現在活躍中の4名として吉田亜世美、風間サチコ、桐月沙樹、湯浅克俊の作品を紹介しています。

吉田亜世美は、自然環境が変わった500年後の地球をテーマにした《YEDOENSIS-divine》を出展。ジャングルジムや砂場に、木版画で摺られた6万枚の桜の紙片、映像を使ったインスタレーションです。

社会性に富む作品を発表している風間サチコ。《噫!怒濤の閉塞艦》は181cm×418cmの大作で、画面左から右に向かって原子力の惨禍を描いています。


第4章「現代 ─ 新たな木版画の表現へ」

「これも木版画?」と驚くような作品もあり、豊かなバリエーションも楽しめる展覧会。2014年現在で3,300点余の版画コレクション(うち約1,600点が日本の木版画)を所蔵する、横浜美術館ならではの企画展です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年2月28日 ]

※会期中、一部展示替えがあります。


 
会場横浜美術館
開催期間2014年3月1日(土)~5月25日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : http://www.yaf.or.jp/yma/
展覧会詳細へ 魅惑のニッポン木版画 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社