インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  プライベート・ユートピア ここだけの場所

プライベート・ユートピア ここだけの場所

■ブリティッシュ・カウンシル所蔵の現代美術
【会期終了】 1934年に創設されたブリティッシュ・カウンシル。英国と諸外国との文化交流を促進する組織ですが、英国最大級の近現代美術コレクションを所蔵していることはあまり知られていません。
英国の美術を世界に紹介するために、創立の翌年から作品の収集を始めたブリティッシュ・カウンシル。現在では絵画や彫刻、映像、インスタレーションなど、約9,000点の作品を所蔵しています。

常に所蔵作品の半数以上を世界各国の展覧会の会場か、各地のブリティッシュ・カウンシルのオフィス内で展示するなど、専用のミュージアムこそありませんが、組織は美術館そのもの。本展はそのコレクションを初めて日本で大々的に紹介する企画で、作家28名、126点の作品が展示されました。


会場

東京ステーションギャラリーでの展示は「昔々あるところに…」「見たことのない景色の中で」「わたしの在り処」「ちょっと拝借」「喜劇と悲劇の幕間に」の構成。90年代以降に制作された作品が並びます。

《ペニアン人の村》は伝統的な形の壺ですが、十字架像があるべきところに描かれているのは男性自身。「趣味が良い」という一般的な価値観への異議を唱えたものです。

作者はグレイソン・ペリー(Grayson Perry 1960-)。2003年にターナー賞を、2013年には名誉大英勲章CBEを受章しています。


グレイソン・ペリー《ペニアン人の村》

「I'm DEAD(私、死んでいます)」の立札を持つ、剥製の犬の作品《アイム・デッド》は、デイヴィッド・シュリグリー(David Shrigley 1968-)によるもの。2013年のターナー賞にノミネートされました。

小さな人体が並んだ《死者と死にゆく人》も死を題材にした作品ですが、どことなくコミカル。壁面の写真やドローイングにも、英国人らしいユーモアが盛り込まれています。


デイヴィッド・シュリグリーの《アイム・デッド》《死者と死にゆく人》など

作品点数が多いこともあって、いつもは東京ステーションギャラリーの所蔵品が展示されているスペースも使って開催されている本展。現代美術にありがちな難解な作品は少なく、作者の意図が分かりやすい作品が多いのも特徴的です。

28名中の出展作家の中で、17名がターナー賞のノミネート・受賞者という豪華な展覧会。「英国現代美術館のいま」を、感じてください。

なお、本展は東京展の後に、伊丹市立美術館/伊丹市工芸センター(4/12~5/25)、高知県立美術館(11/2~12/23)、岡山県立美術館(2015年1/9~2/22)に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年1月17日 ]

現代アーティスト事典 クーンズ、ハースト、村上隆まで

美術手帖編集部 (編集)

美術出版社
¥ 2,940

 
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2014年1月18日(土)~3月9日(日)
所在地 東京都千代田区丸ノ内1-9-1 東京駅丸ノ内北口
TEL : 03-3212-2485
HP : http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
展覧会詳細へ プライベート・ユートピア ここだけの場所 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
国立新美術館「DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに」'
DOMANI
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート あべのハルカス美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展
奇蹟の芸術都市バルセロナ デザインあ展 in SHIGA 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社