インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  野口哲哉展 ― 野口哲哉の武者分類図鑑 ―

野口哲哉展 ― 野口哲哉の武者分類図鑑 ―

■大河のような「甲冑愛」
【会期終了】 古びた姿の鎧武者が、ウォークマンを聞いていたり、ソファでくつろいでいたり…。虚実入り交ぜた武者象で独自の世界を創る野口哲哉さんの展覧会が、練馬区立美術館で開催中です。
野口哲哉さんは1980年生まれ。まだ30代半ばですが、その作品は国内外にコレクターを持つなど、今、注目を集めている若手美術家のひとりです。

会場に並ぶのは、鎧武者の立体造形や絵画です。表現は極めて写実的ですが、時代と合わないアイテムを持ったり、独特のポーズをしていたりと、空想と史実が入り混じった世界が広がります。


会場は、実際の甲冑や屏風絵などとともに野口さんの作品を紹介する構成です

野口さんの作品は、架空のストーリーに基づいています。

例えば《Target Marks 1580・1610》は、兜の前立が、的(まと)の形。戦場で目立つことを突き詰めた結果、この形状になりました。

2体の人形は1580年と1610年の武士で、実は同一人物という設定。甲冑のデザインが進化していることに加え、人物も30年ぶん老けています。

この甲冑は、甲冑研究史に残る大著「日本甲冑の新研究」(大正11年刊行)に掲載されていますが、そのページも野口さんの作品。世界観は徹底しています。


《Target Marks 1580・1610》2009年

野口さんのストーリーは細部まで詰められている事もあり、鑑賞しているうちに史実と空想が混ざってしまう程です。例えば下の動画の作品は…

武者が描かれた板絵《Sleeping Head》には、左側に眠った熊の兜。これは、着用時に覚醒する“付喪様式”です。一方の立体作品《Talking Head》は、甲冑の形式が新しい為、絵に描かれた人物の後継者。兜の表情が尊大なのは、兜が経験を積んだ事で発言力が増したためです。

思わずスッと読んでしまいますが、“付喪様式”の兜など、もちろん存在しません。


《Sleeping Head》2010年 / 《Talking Head》2010年

南蛮渡来のシャネルのマークを家紋とした甲冑を身にまとったのは“紗錬家(しゃねるけ)”。開祖は“円保5年の文燕之役”での戦功が認められて、主君からシャネルのハンドバッグと共に紗錬姓と紋を許された武士です。具足図は開祖伝来、武将像は甲冑の形式がやや異なるため家中の有力者を描いたものです。

こちらも“円保”という元号はありませんし、もちろん“紗錬家”も創作。実際は、2007年にシャネルで開催された美術展に出品されたものです。


紗錬家(しゃねるけ)の作品群

作品は非常にユーモラスですが、創作の根源に流れているのは、大河のような「甲冑愛」と、甲冑を慈しんだ先人達への敬意。甲冑に対する真っ直ぐな気持ちを、清々しく感じられました。

練馬区立美術館での開催は4月6日(日)まで。4月19日(土)~7月27日(日)は、アサヒビール大山崎山荘美術館に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年2月19日 ]

野口哲哉ノ作品集「侍達ノ居ル処。」

野口哲哉 (著)

青幻舎
¥ 2,625

 
会場練馬区立美術館
開催期間2014年2月16日(日)~4月6日(日)
所在地 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL : 03-3577-1821
HP : http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/
展覧会詳細へ 野口哲哉展 ― 野口哲哉の武者分類図鑑 ― 詳細情報
取材レポート
Bunkamura
リヒテンシュタイン
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社