インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  赤松陽構造と映画タイトルデザインの世界

赤松陽構造と映画タイトルデザインの世界

■あの映画も、この映画も
【会期終了】 印象に残る映画は、ストーリーや音楽などだけでなく、タイトルのデザインも観客の記憶に刻まれます。「うなぎ」「HANA-BI」「アントキノイノチ」など、400以上の作品タイトルを作ってきた赤松陽構造(あかまつひこぞう 1948-)さんの仕事を紹介する企画展が、東京国立近代美術館フィルムセンターで開催中です。
まず最初は「映画のタイトルデザイン」の基本から。映画タイトルの仕事というと、いわゆる題字のデザインを想像しがちですが、それだけではありません。

そもそも映画には、劇中の文字(場面の説明で用いられる「銀座」「五年後」など)、エンディングクレジットタイトル(末尾で出るキャストやスタッフ名)など多くの文字が用いられ、作品と印象を合わせる必要があります。

さらに重要な事は、映画が動きをともなう表現であるという事。文字が現れて消えるタイミングはもちろん、そのシーンが静かな場面か動きがあるかの違いで、同じ文字でも印象が異なるため、経験に裏付けられた職人的な技術が必要になるのです。


文字が出るスピードによって観客の印象は代わります。タイトルの長さを提案する資料にはコマ(24分の1秒)単位での指示が残ります

続いて、日本の映画タイトルデザインの歴史を解説。映画が無声映画からトーキーへ、白黒からカラーへ、アナログからデジタルへと変化する中、タイトルデザインもその姿を変えてきました。

黒澤明監督の「羅生門」は、映画で使われている扁額がそのままタイトルに。著名クリエイターを起用したタイトルデザインもあり、新藤兼人監督の「触角」は岡本太郎、増村保造・市川崑・吉村公三郎のオムニバス映画「女経」は柳原良平が手がけました。


日本の映画タイトルデザインの歴史

そして、赤松陽構造さんの仕事が紹介されます。ずらりと並んだ作品タイトルの中には、ご存じの映画もあるのではないでしょうか。

赤松さんは1948年生まれ。元はカメラマンを志していましたが、ニュース映画などの線画の仕事をしていた父親の急逝を受け、映画タイトルデザインの世界に入りました。黒木和雄、北野武、黒沢清、阪本順治、周防正行監督作など400以上の作品にタイトルを提供。NHK大河ドラマ「八重の桜」のタイトルも赤松さんによるものです。

長年に渡って業界の第一線で活躍しており、毎日映画コンクール特別賞や文化庁映画賞を受賞。昨年は石川県でも企画展が開催されました。


赤松陽構造さんの仕事

タイトルの制作は、場合によってはクランクインの前に台本を読んでイメージを掴み、ラッシュフィルム(編集前の映像)を見てからが本番。ラッシュフィルムを見て内容を掌握し、監督の狙いを理解する力が必要です。

映画にあった書体をつくるためには、道具もさまざまです。筆も新品に限らず、わざと使い古したものを用いたり、場合によっては割り箸や小枝まで使うこともあります(実際に「BROTHER」は、割り箸で描かれました)。


仕事道具も紹介

実際の映像の中でなければ、本来の魅力が伝わりにくい映画タイトル。会場では映像コーナーも設けられ、作品とともにタイトルをお楽しみいただけます。たっぷりと時間をとって、ご覧ください。

なお、4月26日(土)、6月28日(土)、8月2日(土)には展覧会にあわせたトークイベントも実施。赤松陽構造さんや東京国立近代美術館フィルムセンターの研究員が、映画タイトルについて楽しく解説します。詳しくは公式サイトでご確認ください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年4月23日 ]

ゆきゆきて、神軍 [DVD]

奥崎謙三 (出演), 原一男 (監督)

GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(D)
¥ 3,818


■赤松陽構造 に関するツイート


 
会場東京国立近代美術館フィルムセンター
開催期間2014年4月15日(火)~8月10日(日)
所在地 東京都中央区京橋3-7-6
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.momat.go.jp/FC/fc.html
展覧会詳細へ 赤松陽構造と映画タイトルデザインの世界 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社