インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  法隆寺-祈りとかたち

法隆寺-祈りとかたち

■太子ゆかりの名宝、20年ぶりに東京へ
【会期終了】 聖徳太子が創建し、1400年の歴史を有する法隆寺。太子の教えとともに守られてきた選りすぐりの名宝が、東京藝術大学大学美術館にやってきました。
東日本大震災から3年、新潟県中越地震から10年を迎えることを機に開催される本展。東京で大規模な法隆寺展が行われるのは、20年ぶりとなります。

東京展の目玉は、毘沙門天立像と吉祥天立像(ともに国宝)。法隆寺では金堂の釈迦三尊像の脇に安置されている、大変重要な像です。

護法を司る毘沙門天と、その妃とされ厄災を払い幸運をもたらす吉祥天。両尊の利益を祈念して、特別に出品されました。


順に、国宝《毘沙門天立像》、国宝《吉祥天立像》 ともに法隆寺蔵

展覧会は「美と信仰 法隆寺の仏教美術」「法隆寺と東京美術学校」「法隆寺と近代日本美術」の3章構成です。会場では冒頭(地下2階)で1章の一部と2~3章、続く3階で1章の残りが紹介されます(藝大美術館は地下2階 → 3階と進みます)。

1章の「法隆寺と東京美術学校」では、岡倉天心が調査した法隆寺の寺宝や、東京藝術大学教授による奉納品が紹介されます。

廃仏毀釈の進む明治の日本で、日本の伝統美術を救ったフェノロサと天心。天心がつくった東京美術学校と法隆寺は、作品の奉納や壁画の模写などで深い関わりを持っていました。


第2章「法隆寺と東京美術学校」

3章「法隆寺と近代日本美術」では、法隆寺と関わりが深い近代日本美術が展示されています。

冒頭の大きな油彩画は、和田英作による《金堂落慶之図》。鞍作止利が聖徳太子らを完成した壁画の前に案内している場面を描いた、191×418センチの大作です。


第2章「法隆寺と近代日本絵画」

3階に進むと、再び第1章「美と信仰 法隆寺の仏教美術」に。広い会場に仏像をはじめとした名宝が並ぶ、厳かな展示室空間です。

会場奥の重要文化財《阿弥陀如来坐像》は、三経院に安置されている像で12世紀(平安時代)の作。

ふっくらとした童子は、聖徳太子二歳児の伝説に基づく《聖徳太子立像(二歳像)》です。二歳の太子は仏涅槃の日(2月25日)に、誰にも教わらずに東を向いて合掌したと伝えられています。

仏像を紹介する展覧会での楽しみのひとつが、背後に回って見られること。柔和な表情が印象的な重要文化財《薬師如来坐像》も、360度で鑑賞可能です。広くて明るい展示室でのびのびと鑑賞できるのは、ミュージアムならではの魅力といえるでしょう


3階の会場。順に、重要文化財《阿弥陀如来坐像》、《増長天立像》と《持国天立像》、《聖徳太子立像(二歳像)》、重要文化財《薬師如来坐像》、重要文化財《菩薩立像》 いずれも法隆寺蔵

昭和24(1949)年に金堂壁画が焼損するなど、法隆寺は数々の苦難に直面してきましたが(文化財保護法はこれがきっかけに制定されました)、その度ごとに力強く復興を果たしてきました。

法隆寺の長い歴史に、震災からの復興への祈りを重ね合わせた展覧会。仙台展、東京展の後は、2014年7月5日(土)~8月17日(日)に、新潟県立近代美術館に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年4月25日 ]

1/75 法隆寺 五重の塔(レーザーカット)

 

ウッディージョー
¥ 23,193

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京藝術大学大学美術館
開催期間2014年4月26日(土)~6月22日(日)
所在地 東京都台東区上野公園12-8
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://horyuji2014.jp/
展覧会詳細へ 法隆寺-祈りとかたち 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社