インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕140年 中澤弘光展 -知られざる画家の軌跡-

生誕140年 中澤弘光展 -知られざる画家の軌跡-

■名デザイナーでもあった、洋画壇の重鎮
【会期終了】 明治から昭和期にかけて活躍した洋画家・中澤弘光(1874-1964)。官展などを舞台にした華々しい歩みはもとより、デザイナーとしての一面や、旅を愛した素顔など、その全貌に迫る企画展が、そごう美術館で開催中です。
1874(明治7)年、東京・芝で生まれた中澤。東京美術学校では黒田清輝に師事し、白馬会で活躍。文展には第1回展から出品、その後も官展には毎回のように出品し、後年には審査員にも選ばれました。戦後も意欲的に創作を続け、1957(昭和32)年には文化功労者に選ばれています。

展覧会は3章構成、まず第1章は「洋画家としての歩み」です。

会場入口には第1回文展に出品した《夏》。淡い色調で描かれた日傘の女性には、中澤の確かなデッサン力が見てとれます。奥に進むと、小舟の娘と天女を描いた大作《海苔とる娘》。西洋絵画のセイレーンは男を誘惑して海に引きずり込もうとしますが、こちらの天女は居眠りをする娘を母親のように温かく支えています。


第1章「洋画家としての歩み」

早くに両親を亡くし、祖母の元で育った中澤。祖母は信仰に篤く、和歌もたしなむなど教養があったため、中澤も幼い頃から国文学の素養を身につけていました。光明皇后が法華寺を建立する際に観音を見たという故事にちなんだ《おもいで》、坪内逍遥の戯曲「役の行者」を題材にした《誘惑》など、中澤の作品には物語から着想した大作も多く見られます。

1章中ほどにある《潮風》は、話題の一枚。長らく行方が分からなくなっていましたが、近年発見されてテレビ番組「なんでも鑑定団」で紹介されました。細部が描かれていないこともあって、耽美的なイメージが漂います。


第1章「洋画家としての歩み」

第2章は「デザイナー・中澤弘光の仕事」。印刷が発達して出版事業が盛んになると、多くの画家が本の装幀や挿絵を手掛けるようになりますが、中澤も優れたデザインを残しています。

1900(明治33)年、与謝野鉄幹が雑誌「明星」を創刊すると、中澤は口絵を担当。鉄幹の妻・与謝野晶子の装幀も数多く手がけ、晶子の大作「新訳源氏物語」では、全3巻4冊の装幀と挿絵を全て手掛けました。しかも、ここでは洋画家にもかかわらず源氏絵を描きました。


第2章「デザイナー・中澤弘光の仕事」

第3章は「回想の旅」。中澤は大変な旅好きで、青森から九州まで、著名な観光地だけでなく人里離れた山里や海沿いにも足を運び、日本の美を描きました。

旅先の京都で出会った舞妓は中澤の主要なモチーフとなり、土田麦僊と並んで「舞妓の画家」と称されるようになったほど。また温泉もお気に入りで、浴槽での女性像を描いたほか、田山花袋と共著で温泉のガイドブックまで刊行しています。

欧州や朝鮮、中国にも出かけ、骨董品も蒐集。中澤の絵画には、背景やモチーフに蒐集した品々が描かれている作品もあります。


第3章「回想の旅」

晩年まで創作の手を休めなかった中澤は、1964年に90歳で死去、没した年も、日展に遺作を出品しています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年9月17日 ]

TOKYO美術館 2014-2015

 

エイ出版社
¥ 1,026


■生誕140年 そごう美術館 に関するツイート


 
会場そごう美術館
開催期間2014年9月12日(金)~10月13日(月)
所在地 神奈川県横浜市西区高島2-18-1
TEL : 045-465-5515
HP : http://www.sogo-gogo.com/museum/
展覧会詳細へ 生誕140年 中澤弘光展 -知られざる画家の軌跡- 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社