インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ヨシモトコレクションの世界

ヨシモトコレクションの世界

■日系二世のヨシモト氏が遺した、多様な哺乳類標本
【会期終了】 国立科学博物館の常設展で、来館者の目をひきつける大型哺乳類の剥製。このコレクションはハワイ生まれの日系二世、ワトソン T.ヨシモト氏(1909-2004)が1997年に寄贈したものです。ヨシモト氏の歩みと寄贈の経緯、そしてコレクションの特徴を振り返る企画展が開催中です。
ヨシモトの没後10年を記念した本展、会場は日本館1階中央ホールと企画展示室です。

ホールに近づくと、ダイナミックな展示にびっくり。最上部のホッキョクグマをはじめ、トナカイ、ヒグマ、サバンナシマウマ、ローンアンテロープなどが木製のやぐらに鎮座します。

猛獣はもちろん、遠目に見ると愛らしく思える草食動物も巨大な体が迫ってくるようで、かなりのインパクト。階段を上がって、上からの眺めもお楽しみください。


日本館1階中央ホールの展示。装飾的な天井との対比も印象的です

企画展示室に入ると、ハンターのコレクションルームの紹介から。ヨシモトは自宅別棟に小さなコレクションルームを持っており、初期に捕獲した動物剥製を飾っていました。

几帳面だったヨシモトは、ハンティングの記録をキャビネットに保存。引き出しの中には旅の旅程や、ハンティング業者との手紙のやり取りなどが保管されています。


ヨシモトのコレクションルームをイメージした展示

ヨシモトは日系二世。幼い頃は貧しい生活でしたが、建設会社を設立して成功。1980年代後半にはハワイで最も成功している会社のひとつに数えられるまでになりました。

ヨシモトは22歳でライフルを購入、ハンターとしての一歩を踏み出しました。ビジネス上の関係を築く手段としてもハンティングは有用で、50年代後半からはハワイ以外にも足をのばすようになり、1995年までに42カ国、156回のハンティングを行いました。


ヨシモトの生涯

ヨシモトのコレクションは、その多様性が特徴です。

例えばヘッドマウント(頭部だけの剥製)では、大きな個体を収集する事にこだわらず、近縁な分類群のヘッドマウントを網羅的に収集。ウシ科やシカ科では、種や地域集団によってツノの形状に違いがある事が、ヨシモトのコレクションからは良く分かります。

また、小型の種も多く収集。大型だけを狙う一般的なハンターとは少し異なり、博物館での展示を意図していた事がわかります。


多様性に満ちたヨシモトのコレクション

ヨシモトは1992年に自分が経営するボーリング場を改装して、私設博物館を開館。自身は事業から引退し、来館者にコレクションを説明して過ごしました。

90年代後半になって、コレクションを有効利用してくれる寄贈先を探していたところ、いくつかの候補先から国立科学博物館と意見が一致。1997年に全ての剥製コレクションを寄贈しました。

ヨシモトは2004年1月に死去。その年の11月にオープンした国立科学博物館 地球館のⅡ期展示で、ヨシモトコレクション81点を利用した剥製展示「大地を駆ける生命」がスタート。現在でも人気を集めています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年10月14日 ]

自然科学30のなぜ?どうして?―国立科学博物館の展示から

国立科学博物館 (著)

さえら書房
¥ 1,620

 
会場国立科学博物館 日本館1階中央ホール、企画展示室
開催期間2014年10月15日(水)~2015年1月18日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.kahaku.go.jp/event/2014/10yoshimoto/
展覧会詳細へ ヨシモトコレクションの世界 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社