インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  東京駅開業百年記念 東京駅100年の記憶

東京駅開業百年記念 東京駅100年の記憶

■100年前の姿で迎える、東京駅の100年目
【会期終了】 1914(大正3)年12月20日に開業した東京駅は、今年でちょうど100周年となります。空襲での被災、終戦後の修復、建て替えの危機、そして創建当初の姿への復原。東京の玄関口が歩んできた一世紀の流れを振り返る企画展です。
会場はプロローグの「辰野金吾と東京駅」に続き、第1章は「丸の内の100年」。丸の内の同じ場所を時代別で再現した3つの大きなジオラマが目をひきます。

東京駅が建設されたのは1914年、驚くほど周囲には何もありません。大名屋敷が軒を連ねていたこの地は、三菱に払い下げられた後に更地となり、「三菱ヵ原」と呼ばれた原っぱでした。

東京オリンピックが開催された1964年になるとビルが目立ちますが、見事に高さは同じ。「美観地区」として、建築物の高さが百尺(31m)に規制されていたためです。

そして現在の2014年。模型の範囲内に100m超のビルは13棟もあり、東京駅はすっぽりと隠れるようになりました。

続いて、地下で繋がれた東京駅について。現在の東京駅にはプラットホームが15面もあり、地下道は周辺の地下鉄の駅まで網の目のように広がっています。東京駅の地下を表現した模型が天井から吊るされ、頭上を見て進むのは面白い演出です。(《東京駅体 模型2014》田村圭介+昭和女子大学環境デザイン学科・田村研究室制作)


第1章「丸の内の100年」

第2章は「東京駅の100年」。駅舎の歴史を紹介します。

東京駅は日本銀行本店などを手掛けた辰野金吾が設計。関東大震災ではびくともしませんでしたが、1945年の空襲で被災、屋根が焼け落ちる大きな被害を受けました。

復興工事は敗戦後に実施。社会情勢は混乱し、資材も不足する困難な状況でしたが、3階だった建物は2階に、南北のドーム屋根は角ばった八角屋根に変更して復興。その姿は60年間保たれました。

2012年に創建当初の姿に復原されたのはご存知のとおり。戦災復興時のローマ風球体天井は撤去されましたが、床にパターンとして残すなど、60年間使われた建築の記憶を留める工夫もなされています。

興味深いのが、創建当時と戦災復興時の東京駅模型。おそらく1978年前後のもので、制作意図は不明ですが、ちょうどこの頃、東京駅を建て替える計画が出ていたため、無くなる前にその姿を留めておく目的だったのかもしれません。


第2章「東京駅の100年」

会場には創建時の図面をはじめ、実物の資料も展示されています。

煉瓦の塊は、躯体用の構造煉瓦。日本煉瓦製造社によるもので、同社の煉瓦は現在の中央線の万世橋高架橋など、東京市街線の高架橋にも使われています。

復原工事を進めた際に、創建時の部材も見つかっています。階段の手すりやブラケット(階段の踊り場や回廊部分などを支える部材)は、いずれも漆喰の壁の中から発見されたものです。

愛嬌がある戌と亥のレリーフ石膏原型は、竣工時の写真をもとに作られたもの(創建時のレリーフは現存しません)。東京駅のドームは辰野の希望で、このような和風のモチーフが多用されました。


第2章「東京駅の100年」

第3章は「記憶の中の東京駅」。東京駅は文学作品の舞台としてもしばしば登場するほか、その特徴的な外観は多くの画家が題材にしてきました。

山川秀峰は赤煉瓦の建物を美人画の背景に、松本竣介は八重洲側から見たシルエットを、元田久治の作品には廃墟となった未来の東京駅の姿と、会場には大正時代の版画から近年の漫画まで、東京駅を題材にした作品が並びます。


第3章「記憶の中の東京駅」

報道などで知られているように、東京駅の復原工事は空中権の売却が原資。経済性の追求によって歴史的な建造物が姿を消す例も多い中、皮肉にも東京駅は、空中権の売却という経済性のために、往年の姿で今日を迎える事となりました。

会場で販売されている図録(2,000円)は建築史、都市、建築工学、美術、文学などさまざまな切り口で、類まれなこの建物を解説。一般書店では販売されていませんが、礼賛一辺倒ではない冷静な論評も含めて、強くお勧めします。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年12月12日 ]

徹底解剖! 東京駅100年 過去 現在 そして未来へ徹底解剖! 東京駅100年 過去 現在 そして未来へ


ジェイティビィパブリッシング
¥ 1,728

 
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2014年12月13日(土)~2015年3月1日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
TEL : 03-3212-2485
HP : http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
展覧会詳細へ 東京駅開業百年記念 東京駅100年の記憶 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社