インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」

特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」

■仏教のふるさとから
【会期終了】 約2500年前にインドで生まれた仏教。インド各地で信仰を集めた後、中央アジア、東南アジア、東アジア、そして日本まで広く伝播しました。アジア最古の博物館から、仏教美術の源流が来日。インド仏教美術の歴史を俯瞰する企画展です。
1814年創立と、アジアの最古の総合博物館であるコルカタ(旧カルカッタ)のコルカタ・インド博物館が所蔵する仏教美術の優品約90件を紹介する展覧会。平成館がリニューアル工事中という事もあり、表慶館での開催です。

冒頭はバールフットの浮彫彫刻から。バールフットは、紀元前2世紀の古代仏教遺跡。この時代の仏陀は人間の姿では表されず、法輪、聖樹、仏足跡、台座、傘蓋(さんがい)などで存在を暗示させるのが通例でした。


1章「仏像誕生以前」、2章「釈迦の生涯」

仏像が作られはじめたのは、クシャーン朝(1~3世紀)の頃。当初の仏陀像は釈迦の姿そのものでしたが、大乗仏教が広まるにつれ、さまざまな仏が作られるようになります。

展示されているのは、仏像誕生の地といわれるマトゥーラーやガンダーラからの出土品。日本の仏像とは異なる、個性的な顔立ちが印象的です。


3章「仏の姿」

会場は1階→2階→1階と進む導線。上階に進むと、チラシで大きく紹介されている《弥勒菩薩坐像》が鎮座しています。

がっしりとした身体つきの仏さま。頭髪を結い上げて水瓶(すいびょう)を手に持つスタイルは、ガンダーラ彫刻における弥勒菩薩の典型像です。バラモン教の最高神・ブラハマー(梵天)との類似性も指摘されています。


4章「さまざまな菩薩と神」

ふたたび階段を降りると、会場最後は密教の表現を紹介。ヒンドゥー教の影響を受けた仏教は、多面多臂(ためんたひ)の尊像が作られたり、仏・菩薩・護法尊・天のそれぞれに尊格が生まれるなど、多彩な仏が表現されるようになりました。

一部の像は背面に回っての鑑賞も可能。裏側の違う表情もお楽しみください。


6章「密教の世界」

「インドのイム(いむ)」と読む人もいるという、インパクトが強いポスターも話題の展覧会。美しいドーム屋根をいただく表慶館の内外装もあわせてお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年3月16日 ]

ガンダーラ美術の見方ガンダーラ美術の見方

山田 樹人 (著)

里文出版
¥ 2,700

料金一般当日:1,400円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京国立博物館 表慶館
開催期間2015年3月17日(火)~2015年5月17日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.tnm.jp/
展覧会詳細へ 特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社