インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展

ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展

■20世紀美術館を切り開いたのは、この地から
【会期終了】 フランス・ブルターニュ地方の小さな村、ポン=タヴァン。独特の文化と風光明媚な自然を持つこの地はエミール・ベルナール、モーリス・ドニ、そしてポール・ゴーギャンら、多くの才能を惹きつけました。ポン=タヴァンの画家たちを紹介する展覧会が東京に巡回中です。
会場は年代順の4章構成。第1章は、ゴーギャンが初めてポン=タヴァンを訪れた1886年頃の作品です。

ゴーギャンの作品は今年2月に3億ドル(約360億円)で落札されて話題になりましたが、当時は絵が売れずに困窮。ポン=タヴァンを訪れたのも、生活費の安さが一因です。最初の滞在は3カ月ほど。会場にはこの地で描いたデッサンや油彩が展示されています。

ゴーギャンが手がけた珍しい陶器は、ポン=タヴァンからパリに戻った時に陶芸家のエルネスト・シャプレと共に作ったもの。側面に手を取り合う男女があしらわれています。


第1章「1886年 ゴーギャンの最初の滞在」


ゴーギャンがポン=タヴァンを2度目に訪れたのは、1881年。20歳年下のエミール・ベルナールがゴッホからの推薦状を手にゴーギャンの元を訪れたのも、この年です。

意気投合した二人は、現実と想像を同じ画面上で構成させる「総合主義」を提唱。「目に見えないものを描く」事は、後の近代絵画においては主流となる考え方です。

ゴーギャンの作品は、この章に最多の7点。女性の特徴的な被り物はブルターニュ特有の衣装です。


第2章「総合主義の創出」


1889年、ゴーギャンらはパリ万博にあわせて開催した「印象主義および総合主義グループの絵画」展を開催。ポン=タヴァンで制作した作品も展示し、ブルターニュの魅力を伝えました。

ゴーギャンはポン=タヴァンに戻りますが、すでに当地にはアカデミズム絵画の画家たちが多数いた事に反発し、仲間とともに近隣の小村ル・プルーデュへ。ゴーギャンはこの地で仲間と刺激しあう充実した時間を過ごし、後にタヒチに向かう夢も膨らませました。


第3章「ル・プールデュでの滞在とグループの拡大」


1891年にタヒチに渡ったゴーギャン。93年には一度フランスに戻り、まずパリに滞在。翌年にはル・プルーデュに赴き、次いでポン=タヴァンへ。結果的に、ゴーギャンにとってこれが最後のブルターニュでの滞在となりました。

印象派から総合主義、ナビ派、象徴主義へと進む流れの中で、ゴーギャンを中心にしたポン=タヴァンの画家たちは大きな役割を果たしていったのです。


第4章「ブルターニュでの最後の滞在、そして最後の仲間たち」

ゴーギャンとポン=タヴァン派をテーマにした展覧会の開催は、日本では22年ぶり。ゴーギャン作品は11点とあまり多くはありませんが、うち5点は日本初公開という貴重な機会です。福井、岩手、鹿児島、広島と巡回し、東京展が最後の会場になります。[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年10月28日 ]

もっと知りたいゴーギャン 生涯と作品もっと知りたいゴーギャン 生涯と作品

六人部 昭典 (著)

東京美術
¥ 1,728


■ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展 に関するツイート


 
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2015年10月29日(木)~12月20日(日)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://panasonic.co.jp/es/museum/
展覧会詳細へ ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社