インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  三井家伝世の至宝

三井家伝世の至宝

■三井家から離れた名品も
【会期終了】 2005年10月8日に開館した三井記念美術館、今年でちょうど10周年を迎えました。春に開催された記念特別展Ⅰでは茶の湯の名品三井の経営史料が展示されましたが、今回は三井家に伝来した至宝を紹介。館が所蔵する6点の国宝をはじめとした名品・優品が揃います。
江戸時代の商人、三井高利(たかとし)からはじまる三井家。1984年に三井家から三井文庫に美術品などが寄贈され、翌年開館した「三井文庫別館」が、現在の美術館の前身になります。

「別館」でも年に3回の展覧会を開催してきましたが、展示室はわずか約100㎡。所蔵品の質と比べても規模の狭さは明らかで、再三の検討を経て三井本館の7階に開館したのが三井記念美術館です。

開館記念展でも館蔵の名品を展観する企画が行われましたが、今回は現在では三井家から離れた名品も紹介されているのが特徴的です。

派手な文様が目を惹く茶碗も、かつて南三井家が所持し、現在は北村美術館蔵となった重要文化財《色絵鱗波文茶碗》。野々村仁清が加賀前田藩の注文を受けて作ったもので、仁清の色絵茶碗を代表する逸品です。


展示室1 茶道具 動画の最後が重要文化財《色絵鱗波文茶碗》

展示室4では絵画と書跡を展示。三井家の蔵帳で最初に挙げられるのが、茶の湯の席で用いられる「書画」です。ただ、屏風や襖は建物で使われる「調度品」として捉えられていたため、国宝《雪松図屏風》が含まれないのは、現代の感覚からすると不思議に思えます。

現在は東京国立博物館が所蔵する国宝《虚空蔵菩薩像》も、戦前は三井が所蔵していたもの(展示は11/29まで)。1939(昭和14)年に三井家集会所で開かれた「東京大蔵会展観」(大蔵会だいぞうえ:仏教の典籍などを見せる展観事業)では、本尊のように掛けられました。

国宝《熊野御幸記》は、後鳥羽上皇の熊野参詣に随行した藤原定家による記録。近年の修理により、現地で書いた日記だった事が確実視されています。

名高い国宝《志野茶碗 銘卯花墻》も、美術館内に再現された茶室「如庵」で展示。日本で焼かれた国宝茶碗二碗のうちの一碗です


展示室4 絵画・書跡 / 展示室3(如庵) 茶道具取り合わせ

歴史資料や工芸品は、展示室5です。

重要文化財《羊皮紙地図(日本航海図)》は、皮をうすくなめした羊皮紙に描かれた珍しい海図。《月宮殿蒔絵水晶台》は水晶玉を飾るために作られた台で、中板に楼閣「月宮殿」をあしらい、水晶を月に見立てています。

鶴の卵殻に稲穂や菊を描いた豪華な盃は、柴田是真による《稲菊蒔絵鶴卵盃》。象牙でつくった本物そっくりの野菜や貝殻は、牙彫家・安藤緑山によるもの。昨年開催された「超絶技巧!明治工芸の粋」展でも話題となりました。


展示室5 書跡・絵画・工芸・歴史資料

三井記念美術館のアイコンといえる存在が、国宝《雪松図屏風》。近年は年明けからのお披露目が恒例になっていますが、今回は嬉しい事に会期を通じて出展されます。

いつもは展示室4の奥が指定席ですが、今回は最後の展示室7。右側は能面、左側は刀剣と、武家文化の象徴に挟まれるように紹介されています。

円山応挙の作品は数多く伝来しますが、国宝に指定されているのはこの1点のみ。三井家は応挙のパトロン的な存在で、特注品として描かせたと思われます。松の描写は力強く、足元にはキラキラと輝く金砂子。ちなみに各扇(屏風のそれぞれの面)の紙も、継ぎが無い特別仕立てです。


展示室7 能面・絵画・刀剣

この10年で指定文化財の数も格段に増えた三井記念美術館。名品を網羅した図録も新たに作成されました。

今後の予定について清水実学芸部長に伺ったところ、これまで同様に日本を中心に東洋の古美術を紹介しながらも、少しジャンルが違う企画(「デミタス コスモス」展など)にも積極的に取り組んでいきたい、との事。11年目以降も期待したいと思います。

次回展は、2年ぶりの開催となる「三井家のおひなさま」。来年度の予定も発表され次第、インターネットミュージアムの「2016年の展覧会予定」コーナーでご紹介いたします。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年11月20日 ]

TOKYO美術館2015-2016TOKYO美術館2015-2016

 

エイ出版社
¥ 999


■三井家伝世の至宝 に関するツイート


 
会場三井記念美術館
開催期間2015年11月14日(土)~2016年1月23日(土)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp/
展覧会詳細へ 三井家伝世の至宝 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
藤子・F・不二雄ミュージアム みんなのひろばリニューアル
[エリアレポート]
みんなのひろば
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社