インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  企画展示「身体をめぐる商品史」

企画展示「身体をめぐる商品史」

■発見された伝統
【会期終了】 明治維新で近代化と欧米化が始まった日本。工業化が進み、流通網が発達した明治末期になると、ファッションや化粧品などの身近な商品や、健康や衛生への関心など、身体に関わる意識や習慣も変化していきました。商品や広告などを通じて、生活文化の変容を考察する展覧会が、国立歴史民俗博物館で開催中です。
都市部において中間層の消費活動に大きな影響を与えたのが、それまでの日本には無かった西洋型の百貨店です。

三越呉服店は1904(明治37)年に「デパートメントストア宣言」を行い、日本初の百貨店が誕生。取り扱い品目を増加、顧客層も拡大していきました。

今となっては不思議に思えますが、実はそれまでの消費行動で、個人の年齢や性別、趣味嗜好はあまり意識されませんでした。御主人は御主人に、奥様は奥様に相応しい商品を示す事で、それぞれの消費意欲を刺激していったのです。


第1章「百貨店の誕生と身体の商品化」

古くから受け継がれてきた習慣や様式は「伝統」ですが、伝統は後の時代になってから定義づけられます。もっと言えば、伝統は発見されるもの、でもあります。

近代において「発見された伝統」を商品に利用したのが、百貨店でした。三越は森鴎外、新渡戸稲造、黒田清輝などの知識人が参加した「流行研究会」を結成。伝統を発見するとともに、その成果を巧みに取り入れて流行を発信していきました。

流行に取り入れられた伝統として、三越がしばしば用いたのが琳派です。三越は尾形光琳の200年忌にあたる1915年に「光琳遺品展覧会」を開催。これは日本の百貨店が初めて開催した展覧会でした。


第2章「流行の創出と「伝統」の発見」

健康に対する考え方も、近代化の前後では大きく変容しています。

登山や海水浴は、今では当たり前のレジャーですが、以前の日本人は、生活の糧を得る事以外で、海や山に入る事はありませんでした。スポーツも同様で、それまでの日本にあったのは武士の嗜みとしての武芸です。

レジャーやスポーツを広めたのは、お雇い外国人でした。最初は大学生に、次いで一般社会にも広まり、スポーツ用品の開発からスキー場の整備まで、経済にも大きな影響を与えました。

ただ、戦争が深刻化すると、教練としての意味合いが強くなります。娯楽性は否定され、武士道精神が重要視されていきました。


第3章「健康観の変遷」

よく「日本人はきれい好き」と言われますが、身体や髪を頻繁に洗うようになったのは1970年前後、まだ50年も経っていません。明治・大正時代は石鹸の品質も悪く、洗髪は髪を痛めるため、フケはこそぎ落とす始末。歯磨きも習慣化していなかったため、虫歯も蔓延していました。

きれい好きになったのは内風呂の普及と、シャンプーや石鹸の改良のおかげです。毎日、風呂に入るようになると、微香性があるボディシャンプーや洗顔料なども開発されました。「恋コロン 髪にもコロン ヘアコロンシャンプー」など、印象に残っている方も多いのではないでしょうか。


第4章「衛生観の芽生え」

最後の章「美容観の変遷」のみ、企画展示室Bで紹介されています。

ハリウッド映画の影響で、口紅やほほ紅を使ったメイクが日本に登場したのは昭和初期から。ただ、戦争で流行は無くなり、売上高が戦前のレベルに戻ったのは50年代半ばでした。

化粧品メーカーがキャンペーン広告で流行を作るようになったのは60年代から。最近は肌は美白が当たり前になりましたが、戦後に2回、日焼けが流行った時期があります。1966年から(前田美波里)と、1977年から(夏目雅子)です。


第5章「美容観の変遷」

多くの商品に当てはまるのが、近代化や欧米化が進むと、伝統と和風への回帰があり、また近代化・欧米化へ、という流れ。さらに科学的な考察が組み合わさる事で(日焼けはシミになる等)、徐々に身体観が変わって行った事が分かります。

下駄の底に刃をつけた「下駄スケート」など、展示されている商品の中には、現代の目線で見ると「なんだこれ?」もありますが、いずれも世に出た時は最新技術。スマホも50年後には「なんだこれ?」になる事でしょう。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年10月17日 ]



■身体をめぐる商品史 に関するツイート


 
会場国立歴史民俗博物館
開催期間2016年10月18日(土)~12月18日(日)
所在地 千葉県佐倉市城内町117番地
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html
展覧会詳細へ 企画展示「身体をめぐる商品史」 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社