インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「雪村-奇想の誕生-」

特別展「雪村-奇想の誕生-」

■15年ぶりの大回顧展
【会期終了】 戦国時代の画僧、雪村周継(せっそんしゅうけい)。海外からの里帰りや貴重な個人蔵を含む主要作品約100件と関連作品約30件で雪村の全貌に迫る展覧会が、東京藝術大学大学美術館で始まりました。雪村の大回顧展は15年ぶりです。
「ゆきむら」ではなく「せっそん」です。 と、チラシで宣言しているように、知名度が高いとはいえない雪村。水墨画といえば雪舟が高名なだけに、割を食っている感もあります。ちなみに雪舟と雪村は直接の繋がりは無く、活躍した時代もやや異なります(雪村の方が後です)

雪舟は中央画壇(京都)で活躍しましたが、雪村のフィールドは東国。常陸で生まれ、会津、鎌倉、小田原、三春で活動しました。

会場は6章構成。雪村は武家に生まれ、後に出家して画業の道へ進みます。50歳代半ば過ぎてから会津へ、さらに小田原・鎌倉へと足を延ばし、禅宗の文化に触れる中で雪村の画技は飛躍的に向上していきました。


第1章「常陸時代 画僧として生きる」、第2章「小田原・鎌倉滞在 ─ 独創的表現の確立」

会津と三原を拠点にしていた奥州滞在期が、雪村の絶頂期。仙人が龍と問答しているさまを描いた重要文化財《呂洞賓図》は、雪村の代名詞です。

会場には展覧会メインビジュアルのほかに、構図が異なる《呂洞賓図》も初公開。こちらは後年の絵師にも模写されています。

重要文化財《松鷹図》も著名な作品です。堂々とした鷹の描写は、記念切手にもなりました。ただ、近年では雪村が作者では無いという説も。皆さまはどう感じるでしょうか。


第3章「奥州滞在 ─ 雪村芸術の絶頂期」、第4章「身近なものへの眼差し」

晩年まで旺盛に制作を続けた雪村。後期展示には、八十六歳の年紀がある屏風も出展されます。晩年になっても画力は健在で、雄大な山水、細やかな建物や植物、そして大胆でユニークな人物と、硬軟を取り合わせた作品がいくつも並んでいます。

雪村は江戸時代を待たずに亡くなりましたが、その作品は多くの絵師をひきつけました。画系が異なる尾形光琳をはじめ、狩野芳崖や橋本雅邦らも熱心に雪村の作品を模写。ピーター・F・ドラッカーも雪村作品を所蔵していました。


第5章「三春時代 筆力衰えぬ晩年」、テーマ展示「光琳が愛した雪村」、第6章「雪村を継ぐ者たち」

展覧会では「奇想の画家」の元祖として紹介されている雪村。主流に対する非主流が「奇想」だったはずですが、若冲や国芳のおかげで「奇想」がすっかりメインストリームになった感もあります。

雪村が奇想かどうかはともかく、その強い個性は、現代の感性にもピッタリです。大きく前後期、細かく分けると会期は4つになりますので、お目当ての作品の展示期間は公式サイトの作品リストでご確認ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年3月27日 ]

もっと知りたい雪村 ―生涯と作品もっと知りたい雪村 ―生涯と作品

小川 知二 (著)

東京美術
¥ 1,728

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■雪村 奇想の誕生 に関するツイート


 
会場東京藝術大学大学美術館
開催期間2017年3月28日(火)~5月21日(日)(会期中展示替えあり)
所在地 東京都台東区上野公園12-8
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://sesson2017.jp
展覧会詳細へ 特別展「雪村-奇想の誕生-」 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社