インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション

ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション

■ファン・ゴッホも、東洋絵画も
【会期終了】 約50万点の作品を所蔵する世界有数の美の殿堂・ボストン美術館。古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術まで、主要なコレクションから選ばれた80点を紹介する展覧会が、東京都美術館で開催中です。
国や州からの財政的援助を受けず、個人コレクターやスポンサーからの支援でコレクションを拡充してきたボストン美術館。本展ではコレクターやスポンサーの活動にも光を当てながら、ジャンル別で作品を紹介していきます。

まずは古代エジプト美術から。ボストン美術館の古代エジプト美術コレクションは、収集家から寄贈により、開館時(1876年)にはすでに重要な位置にありました。20世紀に入ってからハーバード大学と共同で発掘調査を進め、現在では4万点超という充実のコレクションを誇ります。


「古代エジプト美術」

続いて「中国美術」と「日本美術」。展覧会のチラシはゴッホ推しですが、この東洋美術は見逃せません。

中国美術では、北宋の第8代皇帝・徽宗による花鳥画、南宋の馬夏(馬遠と夏珪)による山水画も逸品ですが、目を見張るのは陳容《九龍図巻》。雲間に見え隠れする9匹の龍は、水墨画のさまざまな技法を用いてダイナミックに描かれています。

日本美術では英一蝶の《涅槃図》に注目。画面だけでも約2.9m×約1.7mという巨大仏画で、約170年ぶりの本格的な解体修理を経て、初の里帰りを果たしました。釈迦の回りで皆が悲しんでいますが、悶絶する動物たちはユーモラスにも思えます。


「中国美術」「日本美術」

19世紀後半にヨーロッパに出かけるようになったボストニアン(ボストンゆかりの人々)。当地で生まれた新しい美術にいち早く目をつけ、印象派とポスト印象派の作品が次々に収集されました。

展覧会の目玉が、ファン・ゴッホによるルーラン夫妻の肖像。ファン・ゴッホは、南仏アルルで出会ったルーラン一家の肖像を20点以上制作しています。展示されているのは、夫の肖像はおそらく最初に描かれたもの。逆に妻は、おそらく最後に描かれたものです。

ここではファン・ゴッホ以外もモネ、ルノワール、ドガ、コロー、セザンヌ、ピサロ、ミレーらの作品も展示されています。


「フランス絵画」

アメリカ絵画コレクションも、ボストン美術館の目玉のひとつ。北米・中米・南米におけるあらゆる時代の作品を網羅的に収集しています。肖像画で知られるジョン・シンガー・サージェントらの絵画が展示されています。

ボストン美術館の版画・素描・写真のコレクションは、1887年に誕生。15世紀から現代までの版画・素描・水彩画・写真・挿画本・ポスターの作品が収められています。展覧会で紹介されているのははエドワード・ホッパーら4人の版画と写真です。


「アメリカ絵画」「版画・写真」

展覧会はこの後「現代美術」と続きますが、こちらは会場でお楽しみください。

ボストン美術館のコレクションによる展覧会は過去に何度も開催されていますが、総合的に紹介する展覧会が日本で開催されるのは約40年ぶり。東京展の後は、神戸市立博物館(10月28日~2018年2月4日)、名古屋ボストン美術館(2月18日~7月1日)に巡回します。
 
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年7月19日 ]

東京美術館案内東京美術館案内

 

昭文社
¥ 1,296


■ボストン美術館の至宝展 に関するツイート


 
会場東京都美術館 企画展示室
開催期間2017年7月20日(木)~10月9日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-5777-8600
HP : http://boston2017-18.jp/
展覧会詳細へ ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社