インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  長谷川利行展 七色の東京

長谷川利行展 七色の東京

■新発見の作品も
【会期終了】 酒に溺れて放浪しながら絵を描き、知人の看取りも無いまま養育院で没した長谷川利行(はせかわとしゆき)。その経歴に偽りはありませんが、「異端」や「破天荒」だけで捉えるのは一面的すぎます。代表作を含む約140点で、改めてその画業全般を俯瞰する展覧会が、府中市美術館で開催中です。
長谷川利行(1891-1940)は京都生まれ。絵はおそらく独学で、本格的なデビューは32歳の1923(大正12)年と、かなり遅いスタートです(その前は短歌などを作っていました)。

前半生には不明の部分も多いのですが(一説には妻子がいたとも)、関東大震災後にいったん京都に戻った後、再上京。その後は亡くなるまで、東京を放浪しながら描き続ける事となります。

二科展や帝展での落選が続きますが、35歳で入選。翌1927(昭和2)年は36歳で第14回二科展の樗牛賞を受賞と、飛躍のきっかけを掴みました。

テレビ番組「なんでも鑑定団」で発見され、後に東京国立近代美術館が購入した《カフェ・パウリスタ》も、この時代の作品。利行が下宿していた個人宅に伝わったので、下宿代として置いていった可能性があります。


第1章「上京 ─ 1929 日暮里:震災復興の中を歩く」

絵で身を立てる事を目指した利行ですが、その願いはなかなか実らず、1929(昭和4)年、38歳で山谷の簡易宿泊所へ。父からの仕送りがなくなったためと言われています。

下宿が無くなった利行は、行く先々で絵を描く事となります。街角では建物を描き、浅草の劇場では芸人を描きと、出向いた先が利行のアトリエになりました。

《水泳場》は、隅田公園内のプールを描いた作品。仲間のアトリエで30分で描きました。人々が集まる話題の場所を描く事を好んだ利行らしい佳作です。

この作品も二科展への出品作(第19回)。積極的に二科に出品を重ね、二科の会友や会員になる事を望んでいた利行ですが、ついに望みは叶いませんでした。


第2章「1930 ─ 1935 山谷・浅草:街がアトリエになる」

利行をサポートした画商・天城俊彦が新宿に画廊を開いたのにあわせ、利行も新宿に移転。《新宿風景》や《ノアノアの少女》など、新宿を舞台にした作品も数多く描いています。

利行は、ガラス板の背面から描くガラス絵も手掛けました。絵の具を重ねる順序が通常とは逆になるなど、制約が多い技法ですが、即興的な制作を得意とした利行は、難なく自分のものとしています。

展覧会の直前に発見されたのが《白い背景の人物》。80年前の作品ですが、まるで現代美術のような趣もあります。この作品は、最後の二科展出品作の可能性もあります。

1940(昭和15)年、三河島の路上で倒れ、東京市養育院で死去。まだ49歳、画業は15年あまりでした。


第3章「1936 ─ 死 新宿・三河島:美はどん底から生じる」

利行は制作に時間をかけませんでしたが、色彩や造形の感覚が抜群。天才的な力量を持っていた画家だったといえるでしょう。改めて、その早すぎる死が悼まれます。

大規模な回顧展としては、2000年に神奈川県立近代美術館などで開催された「歿後60年 長谷川利行展」以来、18年ぶり。福島で開幕して東京が2会場目、この後に愛知・福岡・栃木に巡回します。会場と会期はこちらです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年5月23日 ]

美術の窓 2018年 4月号美術の窓 2018年 4月号

生活の友社 (編集)

生活の友社
¥ 1,946


■長谷川利行展 府中市美術館 に関するツイート


 
会場府中市美術館
開催期間2018年5月19日(土)~7月8日(日)
所在地 東京都府中市浅間町1-3
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
展覧会詳細へ 長谷川利行展 七色の東京 詳細情報
取材レポート
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
江戸東京博物館「発掘された日本列島 2018」
発掘された日本列島
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
書物工芸 ―柳宗悦の蒐集と創造
書物工芸
渋谷区立松濤美術館「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
アンティークレース
太田記念美術館「江戸の悪 PARTⅡ」
江戸の悪 PARTⅡ
東京国立近代美術館「ゴードン・マッタ=クラーク展」
マッタ=クラーク
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
川島小鳥写真展
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル展
エリアレポート 金沢21世紀美術館「アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意」
[エリアレポート]
「霊性と寓意」
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 生誕150年 横山大観展 縄文―1万年の美の鼓動 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで― 野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」 [企画展]水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお― 琉球 美の宝庫
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社