インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  琉球 美の宝庫

琉球 美の宝庫

■災禍を免れた、王家ゆかりの品々
【会期終了】 1879年に沖縄県が成立するまで、400年以上にわたって“万国津梁(世界の架け橋)”として繁栄した琉球王国。中国や日本など東アジア各地の影響を受け、独自の美術が発達しました。琉球美術の染織・絵画・漆芸に焦点を当てた展覧会が、サントリー美術館で開催中です。
1968年の展覧会を皮切りに、これまでも何度か沖縄に関する展覧会を開催してきたサントリー美術館。独特の魅力にあふれた琉球美術を、今回は4章とエピローグの構成で展観します。

琉球の美術で最も良く知られているの、紅型(びんがた)ではないでしょうか。主に王族や貴族階層を中心に着用された染物で、型紙を使って模様を染め出します。モチーフに目を向けると、鳳凰や龍は大陸由来、松や桜は日本由来と、琉球の特徴が現れています。

琉球絵画も、中国や日本美術の影響を受けながら発展しました。紹介されているのは、狩野安信が賞賛したという自了(和名:城間清豊)、首里王府の貝摺奉行所の絵師だった山口宗季(唐名:呉師虔)、山口宗季に学んだ宮廷絵師の座間味庸昌(唐名:殷元良)など。

ただ、第二次世界大戦で琉球絵画は大きな被害を受けており、琉球絵画の全容については、今後の研究課題でもあります。


第1章「琉球の染織」、第2章「琉球絵画の世界」

展覧会の大きな目玉が「国宝 琉球国王尚家関係資料」。首里王府を治めた尚家に継承された貴重な文物で、沖縄唯一の国宝です。

玉冠をはじめとした王装束は、中国からの使者「冊封使」を迎える際など重要な儀式で着用されたもの。現存する唯一の国王装束です。

「国宝 琉球国王尚家関係資料」は、琉球王国が亡んだ後に、一部の文物が東京に移送されたものです。沖縄戦の被害を受けず、東京でも関東大震災や空襲から大切に守られたため、今日まで色あせる事なく伝わりました。

最後は琉球漆芸。琉球にとって漆芸品は重要な輸出品で、貝摺奉行所による管理のもと、華麗な作品が数多く作られました。螺鈿や沈金など日本の漆器でもお馴染みの技のほか、漆と顔料をまぜた材料を貼って立体的に文様を表す、琉球特有の「堆錦(ついきん)」も見られます。


第3章「琉球国王尚家の美」、第4章「琉球漆芸の煌き」

「国宝 琉球国王尚家関係資料」の《玉冠(付簪)》は8/22~9/2に展示されるなど(他の期間は復元品を展示)、会期中は5回に渡る展示替えがあります。展示替リストは公式サイトでご確認ください。

小・中学生とその保護者の方におすすめしたいのが、8月28日(火)の「まるごといちにち こどもびじゅつかん!」。展示室での「おしゃべり鑑賞タイム」や「びじゅつかんのひみツアー」のほか、6階のホールでは作品づくりも可能です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年7月17日 ]

東京美術館案内 (マップル)東京美術館案内 (マップル)

昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

マガジンハウス
¥ 1,296

料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場サントリー美術館
開催期間2018年7月18日(水)~9月2日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 琉球 美の宝庫 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社