インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕110年 東山魁夷展

生誕110年 東山魁夷展

■「国民的画家」のすべて
誰の記憶にもある、どこか懐かしい風景を詩情豊かに描いた東山魁夷(1908-99年)。その作品は多くの人から愛され、「国民的画家」と評されました。生誕110年を記念する展覧会が、国立新美術館に巡回してきました。
戦後を代表する日本画家、東山魁夷(本名:新吉)。同じく「山」の字を持つ杉山寧、髙山辰雄とともに「日展三山」、さらに加山又造と平山郁夫を加えて「五山」とも呼ばれます。

展覧会は1章「国民的風景画家」から。横浜に生まれ、神戸で育った東山魁夷。東京美術学校在学中から帝展で入選するなど非凡な資質の持ち主でしたが、終戦前後には父、母、弟が死去。空襲で自宅も失なうなど、厳しい境遇でした。ようやく《残照》で特選を得たのは、昭和22(1947)年の日展です。

2章は「北欧を描く」。《残照》と《道》で人気作家となった東山ですが、その場に留まる事を良しとせず、昭和37(1962)年に北欧の旅へ。静かな北の自然を、青を多用して表現し、「青の画家」というイメージも定着しました。

3章「古都を描く・京都」。東山に京都を描くように強く勧めていたのは、川端康成です。失われつつある古都の姿を、稀代の画家に描きとめて欲しいと願っていました。昭和43(1968)年の「京洛四季」展で、連作が発表されました。



4章は「古都を描く・ドイツ、オーストリア」。同年、東山はドイツとオーストリアへ。日本では自然を描く事が多い東山ですが、この地では人の営みに文化の蓄積を感じたのか、建物や街並みの作品を数多く残しています。

5章が注目の「唐招提寺御影堂障壁画」。鑑真の像が安置されている御影堂。視力を失いながら、6度目の挑戦で漸く来日を果たした鑑真。東山は、鑑真が見られなかった日本の風景として《山雲》と《濤声》、鑑真の出身地である《揚州薫風》、鑑真が滞在した《桂林月宵》、そして中国の代表的な景勝地《黄山暁雲》を、障壁画にしました。中国の風景は、東山が画家人生で初めて挑んだ水墨画です。

会場では御影堂内部をほぼそのままの配置で再現。特に《濤声》は圧巻で、90度に折れた角の部分を見ていると、海の中に引き込まれていくような感覚になります。

「白い馬の見える風景」も、この時期の作品。白い馬について、心の平安を保つために必然的に現れたモチーフだと、後に東山は語っています。

6章は「心を写す風景画」。障壁画を奉納した時、東山は73歳。写生に出る事は難しくなっていましたが、描いてきたスケッチなどをもとに、晩年まで制作に励みました。

5章だけでも間違いなく満足できる展覧会。雄大な世界観は、広い国立新美術館にピッタリです。現在、御影堂は大修理中のため、今後数年は現地でも見る事ができません。

東京での大規模展は10年ぶりというのも、やや意外。「今さら東山魁夷もねぇ…」という方こそ、ぜひ。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年10月23日 ]

東山魁夷の世界東山魁夷の世界

東山 魁夷(著),東山 すみ(監修)

美術年鑑社
¥ 2,057

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立新美術館
開催期間2018年10月24日(水)~12月3日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://kaii2018.exhn.jp/
展覧会詳細へ 生誕110年 東山魁夷展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」
M・デュシャン
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
山口県立美術館「没後400年 雲谷等顔展」
雲谷等顔展
東京国立博物館「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
京都 大報恩寺
京都国立博物館「特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」」
京のかたな
太田記念美術館「花魁ファッション」
花魁ファッション
国立新美術館「生誕110年 東山魁夷展」
東山魁夷展
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~」
「仏像の姿」
東京国立博物館「特別企画 斉白石」
斉白石
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
水戸芸術館現代美術ギャラリー「霧の抵抗 中谷芙二子」
[エリアレポート]
霧の抵抗
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
MIHO MUSEUM「百の手すさび 近代の茶筅と数寄者往来」
[エリアレポート]
百の手すさび
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕110年 東山魁夷展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 フェルメール展 江戸絵画の文雅 ―魅惑の18世紀
没後50年 藤田嗣治展 ムンク展―共鳴する魂の叫び 国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展 クリムト展 ウィーンと日本 1900
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 《萱草遊狗図》 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社